茶花色食

花を愛で、色を浴び、美味しい食事と紅茶で心のコミュニケーション

根津駅~根津神社~はん亭~上野桜木~谷中霊園~日暮里

2017年4月30日(日)

4月最後の日曜日。
そして、ゴールデンウィーク前半。
穏やかな良いお天気でした。

陽射しのもとでは、ちょっと汗ばむ感じですが、風が心地よい。

最近は定番になっているかな~
大学時代の友人が、ゴールデンウィーク近くになると、声をかけてくれて
「会おう!」 ということに・・・
たいてい私が幹事役なのですが、今回は仕事のことで頭いっぱい!
って、まあ大げさですが、家に帰るとご飯食べて寝るだけ・・・なんて日々。

お天気がよければ、谷根千散歩! 行き当たりばったり! ということに・・・

ラッキーなことに、約束した日はお天気もよさそうなので、決行です。

根津駅で待ち合わせ。

当然のことながら(?) つつじ満開の根津神社へ・・・・
やはりすごい人ごみでした~
で・・・・つつじの色彩が目に入らないが・・・

根津神社のつつじはほとんど終わっていたのでした~
街の中のつつじは満開なのに・・・

いや、もしかして、これから咲くのかな~

      BP1270155.jpg

ごくわずか咲いているつつじを写す!

      BP1270149.jpg

とにかく根津神社は出店もたくさん出ていて、風情は感じられず、人もたくさんいるので、落ち着けるところもなく
ランチの場所を探しに、早々に神社を後に・・・

友人が行ってみたい~ という窯竹 というおうどん屋さんは、長蛇の列!
これは無理でしょ!

ということで、そこから数分の有名店「はん亭」へ!
こちらは並んでこそいなかったですが、40分待ち!

どこに行っても混んでいるから、40分後の予約をし、珈琲館へ。
まあ、どこでもつもる話がたくさんあるのだから、いいんですよね~

      BP1270163.jpg

私は以前もここを訪れているので、ブログにも掲載しています。
お昼は¥3,000のランチコースのみ!

      BP1270158.jpg

建物は重要有形文化財になっています。

お通し 串揚げ8本 2品目のつきだし 海苔茶漬、デザート

BP1270169.jpg BP1270173.jpg BP1270174.jpg

BP1270175.jpg BP1270178.jpg

どうも、後2本は撮り忘れたようです。
串揚げは揚げたてでどれもみんな美味しかった~
谷中生姜の串揚げは今日の一番・・・(初めて頂きました~)

       BP1270183.jpg BP1270189.jpg

お昼からビール中瓶1本(2人で) & 日本酒300ml(2人で) 飲んで気持ちよくなりました。
でも、この美味しい串揚げには日本酒ですよ!
ぜいたく~~~

おなかいっぱいになったところで、散歩の始まり~

が・・・ここで1名は、他の予定の為にお別れに・・・
(あんなに人形劇~~って言ってたのに。)

根津、千駄木、谷中、上野桜木 は歩くとお寺がたくさん!
京都のような有名なお寺ではないですが、美しい門構えのお寺もありましtた。


      BP1270200.jpg

江戸城を鬼門から守る為に寛永寺を中心にお寺が多く建てられたとか・・・
うそかほんまか・・・

私は初めて寛永寺の入り口を見ました。
(中には入らなかったです・・・)

       BP1270202.jpg
やはりこの辺では一番大きなお寺です。

私の案内失敗で、方向修正!

谷中霊園方面に向かいました。
友人が行ってみたい! というオリーブ? パン? KABAYA?
というキーワード。
私は以前、友達の旦那様に連れていってもらって、なんとなく雰囲気で道を歩いていると・・・

     BP1270206.jpg

あたり」の藍色の「のれん?」が・・・

昭和13年(1938年)に建てられた三軒家が甦っています。
つながる。 ひろがる。「上野桜木あたり」
江戸からの歴史と文化を引き継ぎ、古い暮らしの良さを少し垣間見る。

     BP1270210.jpg

ここには、谷中ビアホール、Kayaba Bakery OshiOlive(塩とオリーブ)などのお店が入っています。

     BP1270223.jpg

ここでは、オリーブ茶という変わった飲み物が飲めるんですよ。
が・・・私はジンジャー酢。

     BP1270225.jpg


パン屋さんからは美味しいそうな香りが・・・
オリーブの入ったパンを買ってみました。

     BP1270219.jpg


なぜかお花も売っている・・・
日本の古い風情・・・と書かれていますが、ちょっと外国風ですね。

     BP1270213.jpg

ここにも外国人の方がた~くさん!
今や、日本人より外国の方が東京の観光地をよくご存知!

ここから、歩いて谷中霊園へ行き、緑あふれる霊園中を歩き、日暮里駅に到着しました~

友人と一緒でなければ、東京ぶらり旅なんてなかなかできないです・・・

月末、月初の合間の休みなので、なんか今ひとつ解放感がないのですが、
この後、ひとりの友人と日本酒飲み比べに突入し、濃厚な1日でした~

[ 2017/04/30 23:47 ] 生活の彩 | トラックバック(-) | コメント(-)

キャピタル東急ホテル ORIGAMI アフタヌーンティー

2017年4月23日(日)

最近はホテルのアフタヌーンティーがとっても人気だそうです。

BP1270095.jpg


なぜか・・・
どうもインスタグラムの影響だそうですよ・・・

アフタヌーンティーで写真を撮る ⇒ インスタにあげる 

ホテルでは又お客様を呼び込みたいので、季節によってメニューを変える。
又、アフタヌーンティーに来て、写真を撮る。 同じものだとつまらないですものね~

      BP1270097.jpg


よって、今は人気なので、土日の予約は取れないことも多いよう・・・
今回も本命ではなく、次点で選択したキャピタル東急ホテルのORIGAMIへ・・・

とっても落ち着いていてよかったです。

      BP1270121.jpg

入口のお花も見事でした。

      BP1270127.jpg

そして肝心なアフタヌーンティーは・・・

こちらはケーキスタンドではなく、林檎の形をしたガラスの器にスコーンとムース。
そして、ケーキとセイボリー(塩系)はカラフルな風呂敷に包まれたお重に入って出てきました~

私たちはカメラのシャッターチャンスを3度ほど逃しました。

一つは林檎のガラスケースの蓋。 こちらは運ばれたときに、開けて下さり、持って行かれてしまいました~

そして二つ目。カラフルな風呂敷で包まれたお重。
テーブルの上に置いたとたんに、結びをほどかれてしましました~

最後は、お重の蓋に「ORIGAMI」と書かれていたものは、すぐに開けられ、またも持って行かれてしまいました~

残念!

開けた後の姿!!!

       BP1270110.jpg


紅茶はダージリン、アッサムがあり、私はまずはダージリン!

ダージリンは、ちゃんとダージリンの香りがして美味しいよ~
って、言われていましたが、本当に美味しかったです。

       BP1270107.jpg

スコーンはスコーンらしくはなかったですね。
ミニミニで、柔らかく、そんなにパサパサ感はなかったです。
(私たちにはちょうどよい大きさ)

       BP1270112.jpg


お重の中は、ケーキとセイボリーで埋め尽くされています。

      BP1270116.jpg

食べきれるかしら~ と、とっても不安・・・
最後に塩系のものを食べないと無理・・・・と、まずはスイーツから。

小さなロールケーキ、濃厚ピスタチオのムース、チョコレートやミニフィナンシェなどのプチフール
ミントソースを重ねたブランマンジェ。そして、あずき、白玉に抹茶ムースを合わせたもの。

      BP1270118.jpg

セイボリー(塩系)は、もうお酒のおつまみみたい~

赤キャベツのワインマリネ、イベリコ豚のリエット(クラッカーとともに)、チキンもも肉(レモン付)
白身魚、海老、ホタテのエスカペッシュ、黒幻豚のソーセージを使ったミニホットドック(ポテト付)
モッツアレラピッコロとミニトマトのカプレーゼ


      BP1270113.jpg


本当によく食べました~

紅茶はポットサービスで、
ダージリンを2回、アッサム、ミントティーを頂きました~

元々自分にはアフタヌーンティーは向いていないな~とは思っていますが・・・

やはり、今人気である理由の「見た目の美しさ」に行ってみたくなるものですね~

う~~~
でも、甘いものが多すぎなんです・・・

でも、のんびり、ゆったりできて、とってもお勧めなホテルでした~

溜池山王の駅直結です。

向いていなくても、又行ってしまうかも・・・です。


[ 2017/04/23 23:55 ] 紅茶 | トラックバック(-) | コメント(-)

年表から学ぶアウガルテンの魅力

2017年4月22日(土)

この日の紅茶教室の講座は大好きなアウガルテン!

歴史、時代からアウガルテンの作品を愛でる時間。

オスマントルコに二度も包囲されたウィーン。

1689年プリンツオイゲンを将軍として迎え、オスマントルコから解放されたウィーン。
1710年オイゲン公率いるオーストリア軍がスペイン継承戦争でイタリアに勝利する。
この活躍により、オイゲン公はベルヴェデーレ宮殿を与えられたそうです~(1723年完成)
ここから輝かしいウィーンの時代が始まったのかもしれませんね~

1718年 時のカール6世によりデュ・パキエに、磁器を製造する特権を与えました。

1744年 女帝マリアテレジアによって、その窯は皇室直属の窯となります。
この時代はマリアテレジアの色がこく、ロココ時代と言われています。

BP1130829.jpg


1780年 女帝マリアテレジアが亡くなると、経営はハプスブルク家にゆだねられます。
この時代はネオクラシカル時代 というそうです。

ナポレオンとの戦争後、磁器工房は困難な時代を迎えるが、1814年のウィーン会議後に再び隆盛期を迎えます。
この時代はビーダーマイヤー時代と呼ばれ、中産階級が貴族文化を取り入れ磁器製品を使い始めます。

       BP1130828.jpg


1924年 ウィーン磁器工房から、かつてのマリアテレジアの狩猟の館であったアウガルテン宮殿に工房を移し、
「ウィーン磁器工房アウガルテン」となります。

現代では、モダンでシンプルでスタイリッシュな作品も多く製造されているようです。

この日はアウガルテンの食器を使っての朝食!
なんと贅沢なのでしょう~

        BP1130811.jpg

        BP1130798.jpg

この爽やかな、贅沢な朝食! いかがでしょう~

パンはドイツパンです。
BP1130818.jpg

そして、特に贅沢なのが、エッグスタンド!
アウガルテンの美しいバラが描かれた卵だけのための食器!
(でも、アイデア次第で色々なお料理をのせられるかも~)

       BP1130823.jpg

朝食はシンプルがいいですね~
ハムとグリーンサラダ。
パンには、バターとミニジャム!

       BP1130822.jpg

       BP1130810.jpg


もちろんティーカップもアウガルテンです。

       BP1130803.jpg

この作品はウィーンナーローズ。

アウガルテンにはオールドウィーンナーローズとウィーンナーローズの2種があります。

同じ薔薇ですが、大きな違いがあります。
オールドウィンナーローズには、薔薇のとげが描かれていません。
なぜなら、マリアテレジアに捧げるため、薔薇のとげはすべて取り去って、献上していたからだそうです。
後期に製造されたウィーンナーローズには薔薇のとげが描かれているんですよ~

       BP1130824.jpg


先生はと~~~ってもたくさんのアウガルテンの食器を所持されており、色々な作品を愛でることができました。

マリアテレジアのグリーン! 
この作品はそのものずばり「マリアテレジアシリーズ」です
グリーン一色で描かれているこの作品! 私は好きですね~
描かれているお花は薔薇以外にも5種類ほどあるのかな・・

       BP1130820.jpg

ビーダーマイヤーの時代の小花柄は女の子の心をとらえますね~

      BP1130805.jpg

ティーポットなのですが、花瓶としても使ってしまう・・・やはり贅沢!

ため息がでるばかりなり!

仕事が忙しく、余裕のない日々を過ごしていましたが、ほんのひと時ですが、癒されました~


[ 2017/04/22 23:03 ] 紅茶 | トラックバック(-) | コメント(-)

Emiko's Cooking ”和”

2017年4月19日(水)

この日は母の長年お付き合いされて頂いたお茶仲間でもある方々が
Emikoさまのお料理を1年に1回?? 
楽しみに来られる日・・・でした。

前回はフレンチだったそうですが、今回は「和」で・・・・

Emikoさま1人でおもてなしで、自分も着席してでのサービスになるため、
写真はあまり撮れなかったよう・・・

しかも、私のカメラの事前設定のホワイトバランスがよくなかったな・・・
少々青っぽく写ってしまいましたね。

ちょっとぼけていますが・・・

BP1130788.jpg


お料理をのせるまえのテーブル

BP1130783.jpg

私もお花で協力しました~
ちょっと熟年(?)女性にあわせて、パープルで・・・
母と同い年、母よりお年の上の方・・・・皆さんお元気だったそうです。
嬉しいですね~

BP1130782.jpg

これは何でしょう~
汁ものだとは思うのですが・・・?
お料理のことは全くわからず・・・

BP1130789.jpg


お菓子も春らしい彩りで・・・

BP1130790.jpg

お料理にはとっても慣れているEmikoさまですが、当日までメニューを考えたり、器を考えたり、
事前準備で不安、ドキドキ、そして当日は緊張・・・
だったそうです。 ちょっとびっくり!
でも、こんな気持ちが色々なことに精進できるのでしょうね~

結果は皆様に喜んで頂けて、お料理もどれも美味しかったそうです・・・

私は何も頂けなかったですが・・・・><;
[ 2017/04/19 23:37 ] 料理 | トラックバック(-) | コメント(-)

フォールブーケ ~フラワーアレンジメント~

2017年4月18日(火)

仕事でバタバタでもお花に触れて癒されま~す。

買わなくてもお花屋さんをのぞいてしまいます。


今日はフォールブーケ。
ブーケフォルダーを使わずにスパイラルで組んでいきます。
何度やっても難しいです~

BP1130756.jpg


 BP1130755.jpg

薔薇
スカピオサ
レースフラワー
コデマリ
ユキヤナギ
クレマチス
宿根スイトピー

BP1130760.jpg


家では玄関に・・・
薔薇の香りがとっても良い香りです。(薔薇の名前・・・・忘れてしまった~)

BP1130780.jpg

綺麗なお花はいいですね~
[ 2017/04/18 23:22 ] | トラックバック(-) | コメント(-)

アフタヌーンティーの楽しみ方  by Tea Magazine

2017年4月15日(土)

私が通っている紅茶教室で「シニア・ティーアドバイザー」になられたお二人が
ご自分たちで初めて開催したティーセミナー。

手作りのスイーツの試食会の写真を拝見して、「食べたい~」 ということから・・・

私も参加させて頂くことになりました。

テーマは「アフタヌーンティーの楽しみ方」です。

主宰されているゆかりーぬ先生のブログ「Tea Magazine」は色々なアフタヌーンティーの情報でいっぱい!

そんな楽しいアフタヌーンティーの歴史からゆきえ先生が楽しくお話くださいました。

アフタヌーンティーの楽しみ方もたくさんあるんだな~ と。。。
いつも紅茶を共にしている方とは、ちょっと違う世界の方々とご一緒するのも楽しいですね。

楽しい講座の後は、ティーフードと共に、紅茶とのマリアージュを楽しみます。

ダージリンファーストフラッシュ2017 DJ1
ウバ
キームン

世界三大紅茶でのマリアージュです。

BP1130711.jpg


スイーツはゆきえ先生とゆかりーむ先生の手作りです。

    BP1130710.jpg


きゅうりのスプリングサンドイッチ(なんでスプリングか・・・菜の花がきゅうりと共に添えられていました。)
このサンドイッチにはダージリンが・・・

そしてホワイトコートを着た苺(ゆきえ先生命名)にはキームンが・・・・

ゆかりーぬ先生手作りのスコーンにはウバが・・・

        BP1130720.jpg

スコーンにはた~っぷりのクローテッドクリームとラズベリージャム


        BP1130728.jpg

どれもとっても美味しい!

そして紅茶との組み合わせも楽しいですね。

最後はロイヤルアルバートの誕生月のティーカップでニルギリの新茶を淹れて下さいました。


私は8月!
絵柄の花はポピーでした。

         BP1130736.jpg

最後にアッサムティーも淹れて下さり、たっぷり紅茶を頂きました。


第1回のお二人の最初のティーセミナーに参加させて頂き、とっても嬉しかったです。
これからも、どんどん新しいことを企画されていくことを楽しみにしていますね。

ありがとうございました。

[ 2017/04/15 23:00 ] 生活の彩 | トラックバック(-) | コメント(-)

オーバルアレンジ 左右異色 フラワーアレンジメント

2017年4月11日(火)

フラワーアレンジメントの基本形!

基本形は難しい~ (って言っていいのか!)
いや、ほんと、苦手だな~
更に、基本形を崩すのだから、やっぱり苦手だ・・・

今日はオーバル。
しかも、基本形ではなく、花材をグルーピングして左右異色に・・・

写真に撮ると、真ん中が空いてしまっているのがよくわかる・・・

まあ、それをごまかすように、フォトショで文字入れ~

  BP1130691.jpg

下の方にある葉ものはケールです。

  BP1130694.jpg

デルフィニウム、ラナンキュラス(2種)、エリンジウム、レースフラワー、スモークグラス、ライラック

  BP1130697.jpg

器が大きかったので、アレンジも大きくし過ぎてしまいました。
家に持って帰るときはこれらすべて解体~

さて、家に帰り、やり直し~
でも、やっぱり難しい。
今日一番難しかったのは、ラナンキュラス。
そして、ケールはなかなかささらない・・・><;

  BP1130704.jpg

夜遅いので、写真を撮る環境があまりよくない・・・

  BP1130702.jpg

写真の撮り方でもずいぶん違いますね。
ちょっとオーバルっぽくないな・・・

でも、お花そのものは美しいので、癒されます。。。

[ 2017/04/11 23:41 ] | トラックバック(-) | コメント(-)

2017年 桜 新宿御苑

2017年4月10日(月)

今年1月に休日出勤をした際の振替休日。
3か月以内にとることが会社の原則。

しか~し、本社移転(3/21) 組織変更(4/1) と、休んでいる心の余裕がない私。

仕事のめりはりが付けられないんですね~
仕事のできない人の典型なのかな~

といことで、上司に強制休日を指示され、月曜日はお休み。

なんとなく、めまいっぽい症状があり、病院にはあまり行かない私が、
ちょっと脳神経外科にいってみました~

耳栓してMRI検査。

きれいな脳です。 血管も綺麗です。 首もどこと言って悪いところなし。

じゃあ、なんでふわ~っとめまいっぽい症状に???
まあ、運動不足、睡眠不足、老化、パソコンのやりすぎ・・・等々・・・
のんびりと規則正しい生活を心がければなくなるのでしょうかね~

帰りに新宿御苑に寄ってみました。

  BP1130656.jpg


外国人の多さにびっくりです。

  BP1130662.jpg

月曜日なのに、とっても混んでいました。
前の土日のお天気が今一つだったからかな~

  BP1130668.jpg


ソメイヨシノは半分ぐらいは散っていたかな~
でも、新宿御苑は色々な種類の桜があるので、まだまだ楽しめそうでした。

  BP1130641.jpg


病院に行くのにカメラ持って・・・ ちょっと笑えます。

  BP1130631.jpg

青空だともっと桜の花が映えるのに・・・・

うすいピンク、白い桜の花は曇り空と一体になってしまいますね~

本当に短い命の桜の花。
毎年、惹きつけられるように桜を愛でる。 
なんとも不思議な魅力的な花ですね。

[ 2017/04/10 23:24 ] 生活の彩 | トラックバック(-) | コメント(-)

イースターティーパーティー ~紅茶教室~

2017年4月9日(日)

今回の紅茶教室での講座は、初めてのイースターがテーマ!

なんか初めてのことってわくわくしますよね~

    BP1130600.jpg


今年の日本はかなりイースター商戦が盛んのように感じます。
色でいえば、黄色。 動物でいえばうさぎ。 食品でいえば、卵、そしてチョコレート。

BP1130580.jpg


ちょっと意識すると、かなりこれらの商品があふれていますよね~


ところで・・・

イースターって何でしょう~?

復活祭! という言葉は聞いたことがあります。

元々宗教色の強い行事なのでしょうか?
イエスキリストが十字架にかけられてから数日後に復活したとされていることから、キリストの復活を祝うお祭り
と言われています。

しかし、もともとはゲルマン民族が春の到来を祝うお祭りで、「春の女神」=Eostreに由来するものらしいです。

    BP1130586.jpg

そして、イースターというと、シンボルでもあるうさぎと卵。

うさぎは春の女神=Eostreに使えていた動物。子だくさんで古来より繁栄・生命のシンボル。
そして、卵は生命や復活を象徴するもの。
うさぎが卵を女神様に運んできてくれた・・・ということから、イースターのシンボルとしてうさぎと卵が
多く用いられるのですね。

    BP1130623.jpg

サロンにはたくさんの卵やうさぎがいました・・・

    BP1130615.jpg

イースターっていつ?

春分の日の後の最初の満月から数えて最初の日曜日
よって、毎年日付が変わり、最大1か月ぐらいずれるのですね。

2017年は4月16日(日)です。

     BP1130602.jpg


イースターのお祭りで英国で食べられるお菓子。

復活祭の46日前の水曜日から復活祭の前日までの期間のことを「レント」という期間で、
懺悔期間?華やかな生活の自粛期間?

その期間の第4日曜日(復活祭の3週間前)に祝うマザリングデー。
日本でいう母の日にシムネルケーキを食べる習慣があるそうです。

使用人の娘たちが、お屋敷の中で高級な材料で焼いたお菓子を里帰りの時に持って帰る・・・
そんな慣習もあったようです。

このシムネルケーキは上の部分にイエスキリストの十二人の弟子のうち裏切り者のユダを除く十一の弟子を
象徴するお団子のようなものがのっているのが特徴だそうです。
中身は英国です! 干し葡萄!

      BP1130601.jpg


そして、同様にレント期間に食べるホットクロスバン
レーズンパンみたい。 上にアイシングで十字の飾り付けがあるのが特徴。
レント期間なので、乳製品と卵を使うことができないそうですよ~
でも、この日はバターを付けて美味しく頂きました~
りつえ先生手作りです。

BP1130593.jpg

美味しかったです~

BP1130596.jpg

紅茶はニルギリの新茶!
やっぱり新茶は美味しい~

イースターの当日には子供たちは焼いたビスケットを3枚重ねてリボンを結んだものをもらいます。
こちらはえり子様の手作りです。

      BP1130611.jpg

さくさくっと紅茶にはぴったりのビスケット!

現在では、卵型のケースにプチプレゼントを入れたり、チョコレートを入れたりして、プレゼントすることが多いようです。
この日もカラフルな卵を1つずつ選んで、みんなで一斉に開けます。
中にかわいいお人形が入っていたら、先生からティーカップのプレゼントがあったそうです。

しかし、残念ながら、誰も当たりませんでした~

      BP1130588.jpg

がっかり~!

イースターは深く学ぶと宗教的要素が強く、日本人にはなじみのないようなお祭りのようにも思いますが、
元々、ゲルマン民族の春の到来を祝うお祝い!ってなると、
現代のように、色彩もカラフルで、うさぎや卵・・・なんて可愛いものもたくさんあって
明るく、元気になりますね~

かおる先生! 楽しい時間をありがとうございました~
[ 2017/04/09 23:01 ] 紅茶 | トラックバック(-) | コメント(-)

ピンクのダリアとイブピアジュ パープルのスカピオサでディナーテーブルフラワー

4月8日(土)

ピンクの色がと~っても綺麗~

すごく素敵なダリア!
そしてちょっと落ち着いたパープルのスカピオサがまた美しい!
その他。。。
薔薇-イブピアジュ/ラナンキュラス/グリーンミスト/豆の花

ちょ~っと豪華なディナーテーブル用アレンジ。

でも写真に撮るとちょっと違う顔・・・


BP1130562.jpg

高貴なシックな感じの雰囲気?

BP1130547.jpg

光とのコラボ・・・
窓際に飾っても綺麗です。

BP1130531.jpg

お花に触れることがとっても楽しく、そしてそのあとの写真撮影が又楽しい~
お花は実際に見ているのが一番好きですけど、
いろんな表情、いろんな表現ができるカメラはとっても楽しい!



ホワイトバランスを変えてブルーテイスト。
このダリアはブルーピーチという名前。 ブルー系のピンクはホワイトバランスを電球に設定すると、
青く撮れます~

BP1130568.jpg

[ 2017/04/08 23:50 ] | トラックバック(-) | コメント(-)