茶花色食

花を愛で、色を浴び、美味しい食事と紅茶で心のコミュニケーション

バラで秋の雰囲気 ~FLORAL DECO~

2017年10月14日(土)

具合が悪くても、花と取り組むと具合の悪いのが治る?(忘れる?)のですよ・・・・
元気になるんですね~

バラを使って秋の雰囲気~
ケイトウやコスモス、フウセントウワタ、スモークグラス
野ばらの実や紅葉ヒペリカム、黄葉コデマリなどで秋らしい雰囲気が醸し出していますね~

   BP1310186.jpg

ハロウィンの月なので、フローラルデコらしく?白いかぼちゃと共に撮影~


背景を黒くして全体を撮ってみました~

   BP1310234.jpg


下の写真は一番上と同じ条件でホワイトバランスを変えて・・・・・
ちょっと露出が低すぎたかな~


   BP1310191.jpg

いつもの風景・・・
今回は縦写真。
背景が白の方がお花が映えますね~
花自体が暗い色なので・・・

白の背景でもう少し写真撮ればよかったかな・・・

   BP1310212.jpg

ほんの少しハロウィンを感じるのがいいわ~・・・

[ 2017/10/14 23:05 ] | トラックバック(-) | コメント(-)

赤坂プリンスクラシックハウス La Maison Kioi No.2

2017年10月8日(日)

素敵なクラシックハウスでの優雅なランチを楽しんだ週明け。

火曜日に食べたものにあたったのか・・・
上から下からのお祭り騒ぎ・・・・
日頃からおなかの弱い私・・・何気にいつもトイレとお友達なんですよ・・・
痛くなるのは通常・・・みたいな・・・

が・・・今回は週末まで続いたおなかのさしこみ痛。
そのたびにトイレにいっても、3日間ほとんど食べていないので、出るものもそんなく・・・

こんなとき行きつけの信頼できるお医者様、病院があったらいいですね~
私は、相変わらず、どこの病院に行っていいのやら・・・

土曜日、かなり復活してきました・・・

なんて、こんな具合の悪い話、タイトルと違うよ~
というわけで、アップが遅くなってしまった・・・

写真で癒されるよう・・・

BP1310158.jpg

BP1310155.jpg


BP1310160.jpg

BP1310152.jpg

BP1310147.jpg
[ 2017/10/09 14:58 ] 生活の彩 | トラックバック(-) | コメント(-)

赤坂プリンスクラシックハウス La Maison Kioi

2017年10月8日(日)

今日は素敵なお仲間と赤坂プリンスホテルクラシックハウス La Maison Kioi に行ってきました。

赤坂見附、永田町の駅すぐのところに昔は「赤坂プリンスホテル」の新館と旧館がありました。
新館は数年前に解体され新しく開発新築されました。
旧グランドプリンスホテル赤坂 旧館は美しいチューダー様式の洋館で「旧李王家東京邸」
2011年に東京都指定有形文化財に指定されたそうです。

そして東京ガーデンテラス紀尾井町の一角に素敵にたたずんでいます~

 BP1310177.jpg

今昔が融合している空間です。

BP1310180.jpg


この日はまたまた時間を間違てしまった私。
秋の穏やかな良いお天気だったのですが、走りまくり汗だくで・・・
ゆっくり入口の雰囲気を味わうこともなく席に通されました~><(ごめんなさい。)

BP1310169.jpg

建物の中は暗い感じです。
そこが又素敵!

BP1310149.jpg


まずは乾杯!
4人が全員違う飲みものを・・・
BP1310117.jpg BP1310118.jpg
BP1310119.jpg BP1310121.jpg


本日の前菜<大根は覚えているのですが・・・何のお魚だったかな?>
カルパッチョ風です。

BP1310124.jpg

本日のスープ<ビシソワーズにパセリのソース>

BP1310126.jpg

パンもかわいい布に・・・・

BP1310125.jpg


メインディッシュ
3名は鶏胸肉のフリカッセ マファルディーネ

私好みのおソースでした~

BP1310136.jpg

1名はXO醤とブラックペッパーのソース
(反対側から写真!)

BP1310138.jpg


デザート-無花果とフランボワーズのバシュラン
全員同じものを選びました。

BP1310140.jpg

なんと、ここは紅茶が400円らしいです。
そして、ダージリンもアッサムも同じ値段らしいです。 
でも茶葉でちゃんと淹れてくださり、美味しかったようですよ。(私はコーヒーで・・・)

常に満席!
でも、ゆったりのんびりさせて頂きました。
季節もよかったので、風も心地よく、そして何よりおしゃべりにも花が咲きました。
4時間近くお店にいさせて下さり、幸せな時間でした~

建物の中の写真をたくさん撮らせて頂き、これまた私にとっては楽しい時間。
(次のBlogで・・・)

ご一緒させて頂きました皆様!
ありがとうございました。
又次回も楽しみですね~
    
[ 2017/10/08 23:21 ] 生活の彩 | トラックバック(-) | コメント(-)

日本産のベルガモット

2017年10月7日(土)

シングルオリジンエィーフェスティバルが今年も浅草で開催され、私も行ってきました。

日本は茶の生産国ですが、そのほとんどは緑茶です。
そして、茶道という素晴らしい文化を築き上げた国。

でも、最近は多くの日本の茶農家で紅茶を生産されており、
それが年々増え、そして美味しくなっていると思うのです。
生産者に若者が多い! というのも感じますね~

私が通っている紅茶教室も毎年参加されています。

今年はなんと、茶葉を購入するとベルガモット付! という販売があり、
それを目当てにお教室のブースへ・・・

ベルガモットは日本で生産するのがとても難しいらしいです。
なぜか???はよくわからないのですが・・・

   BP1310098.jpg


そしてベルガモットと言えば、アールグレイティー。
日本では、紅茶の種類・・・というと、ダージリン、アールグレイと答えるほど、
茶産地であるダージリンとブレンドティーであるアールグレイが同等に扱われることが多いですね。

ティーバックにあるアールグレイは着香されていることがほとんどで、
自然の香りではありません。
物によっては、その香りがと~っても強いものもたくさんあります。

私は苦手・・・・

広島産のベルガモット!
自然の柑橘系の良い香りは優しい感じ。

果汁を使ってアールグレイティー
紅茶を甘くして2層にしようと思ったのですが、果汁が少な目で写真ではよくわからない~
そして氷が多すぎて、キームン紅茶が薄くなってしまいました~

    BP1310109.jpg


そして、皮は刻んで冷凍しておいて、紅茶に浮かべるだけでも、アールグレイになりますね。

   BP1310114.jpg

ホットティーには皮を浮かべて・・・
優しい香りを感じながら頂く紅茶は最高です~

[ 2017/10/07 23:50 ] 紅茶 | トラックバック(-) | コメント(-)

女王ヴィクトリア  紅茶教室

2017年9月30日(土)

先々週までNHKで日曜日の夜に放映されていた「女王ヴィクトリア 愛に生きる」という英国ドラマ

このドラマの史実のお話。
ヴィクトリア女王の戴冠式からアルバートとの結婚まで
大英帝国を築いていく初期の頃のお話。

先生方はよく勉強されています。

1819年5月24日誕生

1837年6月20日女王即位

1840年2月10日結婚

      BP1310085.jpg


ヴィクトリア女王は小さい頃から日記をつづっており、その数111冊。
現在でもそれが保存されており、これにより史実を多く知ることができるそうです。

BP1310093.jpg

18歳で即位したヴィクトリア女王を周りの大人たちが不安視し、実の母やその側近のコンロイを
摂政とすることを画策するが、ヴィクトリア女王は独り立ちすることを決意。
そんなヴィクトリア女王をサポートしたのが当時英国の首相であったメルバーン
この絵はそんな二人を描いたものですね。

NHKのドラマはドラマを面白くするため?に史実とは違う描かれた方をしているのか・・・
それとも史実をきちんと確認し時代考証をしなかったのか・・・

先生方のお話はとても興味深いです。

相思相愛で結婚されたヴィクトリア女王とアルバート!
本音をぶつけある二人はよく言い合いもしたが、お互いとってもとっても好きだったそう・・・
そして、ヴィクトリア女王は常に夫、アルバートを立てていたそうです。

     BP1310095.jpg


甘いものが大好きで、紅茶も大好きだったヴィクトリア女王。
ドラマの中にも紅茶を飲んでいるシーンがあります。

フランスからシェフを呼び寄せ、た~くさんのスイーツを作らせていたとか・・・

ドラマのシーンに合わせ、そのシーンにまつわるヴィクトリア女王の色々なお話が
とっても楽しく、なんかつい最近のお話かな~ なんて思ってしまうほど。

ティータイムの間もずっとお話が続き、本当に楽しい時間でした。

     BP1310083.jpg

チョコレートのヴィクトリアンケーキ
とっても美味しかったです。

よしこ先生! 碧先生! ありがとうございました~



[ 2017/09/30 23:30 ] 紅茶 | トラックバック(-) | コメント(-)

ロブマイヤーで楽しむティーカクテル

2017年9月24日(日)

紅茶教室でのイベントです。

本当に碧先生はすごい!
こんな素敵なイベントをサロンで開催してくださるのだから・・・

日頃はなかなか訪れることができない「Bar」
なんとなく敷居が高く、お酒は飲めるのですが、その扉を開くことができないですね・・・

今回はなんと6名のバーテンダーの方が、シングルオリジンティー 紅茶を使ったカクテルを
10種類、おもてなしくださいました。

   BP1310023.jpg


このイベント開催の為に、紅茶の勉強をた~くさんされたそうです。
もちろん碧先生をはじめ、スタッフの先生方にばっちり教えて頂いたそうです。
その勉強熱心さには頭が下がる思いでした。

   BP1310014.jpg

まずは EL CALVADOR の渡辺高弘さんのダージリンファーストとセカンドを使ったカクテル。
(残念ながらちゃんとした写真が撮れなかったです・・・)

こちらはストロベリーアーモンドの香ばしい香り。 セカンドのカクテル

   BP1310005.jpg

   BP1310006.jpg


こちらはファーストを使ったシンプルなカクテル 

   BP1310003.jpg

今回残念だったのは、10種の内、1種-THE BAR 草間 GINZAの櫻井将人さんのヌワラエリヤを使ったカクテルが
頂けなかったこと・・・
お着物姿がとっても素敵でした。写真の奥にお手元が少し写っていま~す!

次に・・・
SPIRITS BAR SUNFACE 向山直孝さんのキームンを使ったカクテル。

   BP1310010.jpg

紅茶のブルゴーニュとも言われるキームンにウィスキーそしてライチの香りもしました・・・
竜眼のアクセントが素敵!

   BP1310037.jpg

SWEET KAVAKAVA の工藤正基さん

   BP1310016.jpg

キャンディを使ったカクテル「キャンディ&キャンディ」
名前もかわいいですが、見た目もかわいい~ 女の子には人気! 飲みすぎるとちょっと危険かな・・

   BP1310041.jpg

そして工藤さんのルフナを使ったトロピカルなティーカクテル。
見た目はミルクチョコレートのお味かな~と思いきや、南国のフルーツのさわやかなお味で
美味しい~

   BP1310028.jpg

BAR VIE LEMBRANCA 秋谷修二さんのカクテル

   BP1310061.jpg


以前に伊勢丹でのイベントで秋谷さんのカクテルを頂きましたが、カクテルに物語があるような
本当に素敵な楽しいカクテルです。


アッサムを使ったフランスのサロン・ド・テをイメージし、日本の紅茶文化・歴史をつなげ出来上がったカクテル。
わ・ろん・ど・て

ティーカップを和の盆に・・・
お供にお抹茶のお菓子。
ほうじ茶の香りもありながら、奥深くにアッサムを感じる。
和のお食事の最後にこんな素敵なカクテルがだされたら嬉しいですよね~

   BP1310056.jpg

同じく秋谷さんのニルギリを使ったカクテル。
くまのプーさんと紅茶の時間・・・プーさんといえば、蜂蜜ですが、これをティーシロップに変えてのカクテル。

   BP1310051.jpg

最後に・・・
WANDERING BAR GRATITUDE 永野誠さん

  BP1310066.jpg

ディブラとシェリー
16世紀に「サック」という名で親しまれていたシェリーとディンブラ。
どちらも英国でなじみのある飲み物のコラボ・・・


   BP1310047.jpg
 

ロブマイヤーのバレリーナーがと~っても合う!

    BP1310043.jpg


ウバとジョニーウォーカー+@スパイス というシンプルなカクテル。
大人のカクテル。
寒い冬に心身ともに温まるティーカクテル。
こちらもティーカップで頂きます。 なんかほっこりします。


    BP1310074.jpg


とても印象的だったのは、紅茶の勉強をされたバーテンダーの皆様に
どの紅茶がお好きでしたか~?という質問をさせて頂いたら、
ご自分がティーカクテルを作られていた茶葉が好きですね~とお答えになったこと。
かなりお味見されたのでしょうね~

そして作られたティーカクテルとロブマイヤーのグラスの相性がよかったこと~
グラスによってかならい雰囲気もお味も異なるでしょう・・・

6人衆の皆様はとっても仲良しでチームワークがよいんです。
なんか憧れますね・・・
色々な意味で刺激的なイベントでした。

又皆様一同に会するイベントでお目にかかれたら嬉しいな~

そして、Barの扉を開くことができたら・・・・・

碧先生! ロブマイヤーの天野さま 
素敵なイベントをありがとうございました。


[ 2017/09/24 23:20 ] 紅茶 | トラックバック(-) | コメント(-)

日光-湯西川-龍王峡

2017年9月18-19日

本年秋のアラカン旅。

ブログ日記のアップがだいぶ遅れました~
(最近パソコンが重い・・・)

17日(日)の夜から18日(月)の明け方まで大型の強い台風が日本列島横断・・・・
そんな天気予報を乗り越え、出発日の18日(月)の朝は青空が顔を見せました~
と~ってもラッキー!

浅草より東武線リバティで2時間ちょっと! 東武日光駅に到着

ここでは今年3月10日に「昭和の修理」より44年ぶりに輝きを取り戻した陽明門のある日光東照宮へ

BP1300614.jpg

まだまだ「平成の大修理」は続いており、あちこちに改修中!

見ざる!言わざる!聞かざる! は見事にきれいに改修済み!
他のサルたちもたくさんいるのに、観光客はこの3匹の彫刻に集中!
という私もそこの写真を!

BP1300601.jpg

眠り猫も新しく綺麗に生まれ変わり・・・(写真撮影しましたが・・・今回は掲載なし)
そこを通り抜け・・・
207段の階段を登りきるとそこには徳川家康のお墓・・・・

そして日光東照宮・薬師堂(本地堂) 天井画「鳴き龍」の説明を聞きに・・・
(商売上手ですよ・・)
ここは写真撮影禁止なんです。

     BP1300644.jpg

再度陽明門を通って帰路へ・・・
美しくなった陽明門はどこを見ても素晴らしく綺麗ですよ・・
輝いていました。

   BP1300654.jpg

彫刻も描かれている絵も色彩も綺麗でした・・・


この日の宿泊は日光から更に奥へ1時間!
湯西川温泉。

早めに東照宮を後にし、日光駅に向かいます。
帰りは駅まで散歩。

神橋・・・
奈良時代の末に、神秘的な伝承によって架けられた神聖な橋として尊ばれ、
寛永13年に現在のような神橋に造り替えられたそうです。

ススキが秋を感じさせます。

    BP1300680.jpg

途中、日本最古のリゾートホテル「金谷ホテル」のラウンジで休憩!
由緒あるホテルは多くの著名人が宿泊されています。
その中にはイギリスの皇室の方々も・・・・・


16時13分 下今市発湯西川方面行きの電車に乗車!
湯西川駅よりバスに乗って20分
かなり奥までやってきました~
宿泊---本家伴久

17時半! すぐに温泉につかり、18時30分より待ちに待った夕食です。

平家伝承のかずら橋を通って食事処へ・・・

    BP1300751.jpg

もう素敵~~~!

そして夕食は囲炉裏料理がルーツとなった 名物炭火囲炉裏焼きと会席料理!!!
これはすごい! 楽しい!
色々な食べ物が珍しく、そして美味しい!
楽しみながら話も弾みます!

      BP1300756.jpg

かなり盛り上がり、宿泊者の中で最後まで居座り・・・
旅館の方も優しくおもてなししてくださり、ほんわかした気分!


そしてそして、私だけ特別~ってわけではありませんが・・・
貸切露天風呂に入らせて頂きました~
私一人独占です~~~


   BP1300805.jpg

外は涼しく、お湯はそこそこ熱く、のぼせることもなく、じっくり入っていられるお湯でした・・・

外には川のせせらぎが・・・

1人天国なので写真撮影も・・・


BP1300808.jpg


朝!
もちろん露天風呂へ 6時!
貸切風呂ではないのですが、私一人! 貸切状態でした~

食べ放題の朝食も美味しく、た~くさん頂きました~

趣のあるロビーでコーヒーを・・・

    BP1300816.jpg

なんと、コーヒーカップは自分の好きなものを選ぶことができます。
(すべて陶器です・・)

午前中はのんびりと、旅館より歩いてすぐの平家落人伝説の地、湯西川の平家の里へ・・・・
当時の様子を再現されており、生活道具や資料などがたくさん!
平清盛、平敦盛など・・・ 日本史を改めて思い起こさせるような文章がたくさん・・・
みんなの話の話題に・・・

10時51分(52分?)
旅館の前から鬼怒川温泉行きのバスに乗り、30分! 龍王峡へ向かいました。
この時のバスの運転手さん 矢沢栄吉ファンで・・・運転が上手だとみんなは言っておりましたが、
山道をかなりのスピードで、恐怖感がありました~

台風一過!
暑くなりました・・・

散策コースがあり、結構な道を一周しました。
ちょっとした山登り(というのは大げさ!)

   BP1300921.jpg

アラカン(60歳近辺・・・)のメンバーにはちょうどよい運動。
なかなか良いコースでした・・・

   BP1300942.jpg

雲が流れ、青空が広がると暑くなりますが、川や木々の緑が美しい!
ここは紅葉の季節は素晴らしいでしょうね~と想像しながら歩いていました~

駅前のお店で昼食!
汗をかいたので、名物「日光天然氷」で作ったかき氷をオーダーした方4名。
私は・・・生ビールを頂きました~><

龍王峡より東武リバティで浅草へ・・・

   BP1300730.jpg

今年のアラカンの旅も終わりを迎えました。

龍王峡の散策がこたえたらしく、帰りの電車は静かに(私は寝入る・・・)

今回もみんな元気に楽しく時間を過ごすことが出来ました~

ありがとうございました~

[ 2017/09/19 23:40 ] 生活の彩 | トラックバック(-) | コメント(-)

バタフライピーティーでカクテル(テキーラ)

紅茶教室で教えて頂き、プレゼントして頂いたバタフライピーティー

バタフライピーはタイ原産のマメ科のハーブ。
少し豆のような味がするそうですよ。
きれいな青い花を咲かせ、老化防止の効果があるとか・・・

紅茶教室で頂いたバタフライピーティーでカクテルを作りました~

プラステキーラ・・・

  BP1300524.jpg

なんて素敵な青色・・・
テキーラを少し入れても色は変わりませんでした。

そして、炭酸水
ウィルキンソンの炭酸水を入れると、紫色に変化しました。
紅茶教室ではレモンを加えると綺麗な紫色に・・・
もっと演出するなら、レモンを添えて・・・ですね~

  BP1300525.jpg

ほんの少し、本当に豆をゆでたような味がしますが、ほとんど感じないのでは・・・
渋くも苦くも甘くもありません。

ちょっと甘みをプラスして、カクテルを作ったほうが美味しいですね~
きっと・・・

私は、テキーラ、炭酸水ですっきりと楽しみました~

[ 2017/09/16 23:58 ] 生活の彩 | トラックバック(-) | コメント(-)

Emiko's French Cooking 2017年9月 とうもろこし~

2017年9月13日(水)

1年、早いですね~
もう9月! 初秋・・・

とうもろこし~!!!
Emiko様のレッスンにもとうもろこし登場!!!

★今日はミラーレスカメラを渡すの忘れ・・・コンデジ撮影

とうもろこしのジュレとヴルテ

BP1010382.jpg


鶏もも肉とあさりの煮込み カレー風味

BP1010383.jpg


疲れた胃には優しそうなメニュー・・・

テーブルウェアは優しいクリームイエロー

BP1010381.jpg


お花は・・・
買おうと思った花・・・お花屋さんがとっても混んでいて並んでいました。
時間がなかったので、買うのをあきらめ、違う花屋さんへ。
19時近かったのでお店もそんなになく、安売りの大量花屋?
で黄色と白のガーベラを・・・
レッスンで残った枝ものの葉を少し足して・・・
でもね~ ごめん・・・

BP1010378.jpg

次回は・・・

[ 2017/09/13 22:53 ] Emikoのフレンチ | トラックバック(-) | コメント(-)

サンゴミズキを枝留めに・・・ ~フラワーアレンジメントレッスン~

2017年9月12日(火)

今月は2週続いてのレッスン。

この日はサンゴミズキを枝留めに・・・がテーマです。

ガラスの口の大き目な器に色々な形に折って、曲げて、挿していきます。

それを花留めにし、そこに他の花材を挿していきます。

先生より、サンゴミズキの形状を活かすように挿した方が面白いわよ!
というアドバイスを頂き、葉物は低めに、そして、グルーピングしつつ、
サンゴミズキが隠れないようにして挿していきました~

これは写真を撮るのが難しい

    BP1300564.jpg

左側が入っていない・・
横に撮ればよかったかな・・・

    BP1300560.jpg


家でこの感じを再現することは難しかった・・・
(ってうまくいかなかったです・・・)

そして、翌日にはススキがもほうけてました~

ほうける・・・
なんか、私初めて聞いた言葉なんです。(恥ずかしながら)

①知覚のにぶった状態になる。ぼんやりする。ぼける。
②草や髪の毛などが、ほつれ乱れる。けば立って乱れる。
③そのことに夢中になる意を表す。(そういえば、遊びほうける・・・って言いましたね。)

ススキは上記の内の②ですね・・・ けばたってきました~
そうなると雰囲気が変わりました・・・



[ 2017/09/12 23:04 ] | トラックバック(-) | コメント(-)