茶花色食

花を愛で、色を浴び、美味しい食事と紅茶で心のコミュニケーション

ホーム > アーカイブ - 2017年03月

英国貴族の恋したテーブルウェア ~紅茶教室~

2017年3月25日(土)

この日の紅茶教室は、最近では恒例となりました「アンティークシルバー」の講座です。

銀座でアンティークショップを営んでいらっしゃるYumi先生の講義です。

とっても活動的で、「アンティーク商」がとってもお好きなゆえの人との出会いやご縁を
大切にされているYumi先生のお話は、人との出会いとともに、アンティーク品との出会いもあり、
裏話がとっても楽しいです。

今回のテーマはテーブルウェア。
ちなみに・・・

 2016年  ⇒

 2015年  ⇒

下記の写真のシルバーは「イパーン」 Epergne というもの。
サロンでは、お花が活けられていましたが、テーブルの真ん中に個々にデザート、スイーツを入れて
置いておくものだそうです。
好きな時に、食べたい人が食べる・・・
そんなちょっと贅沢なテーブルウェア

  BP1270024.jpg

こちらも又別のタイプ。
お花とスイーツをコラボできるような器・・・イパーン。
上流階級のディナーテーブルには、華やかに置かれているんでしょうね~
映画のシーンでも見られるかもしれませんね・・・


  BP1270021.jpg

写真の手前にあるのは、ティートレーナーやティーキャディ。
こちらは色々な種類があってコレクタブルズアイテムになっているそうです。


ティータイムにきらきらティーポットに目を奪われました~
なんとも華やかなティーポット。 素敵ですよね~
これを今回実際に使わせて頂きました。

BP1270010.jpg

こちらのティーキャディもレアものだそうです。
1770年代ぐらいに、作られ始めたティーキャディー。
初期のものは、茶も高価であったため、小ぶりのものが多いそうです。
写真手前の装飾細工はフィリグリーデザインといわれるもので、
細い糸状のものを何本も作って、こよりのようにねじりながら作り上げるとても手のこんだデザインだそうです。
まじかで見ると、ものすごく細かく綺麗でしたよ~
コレクターやアンティークに詳しい方は「即買い」だそうです。<とてもお高いですが・・・>

BP1260993.jpg

こちらのティーカップもレアもの。
英国貴族には、日本の家紋と同じようにその家、家の紋章があります。
その紋章には家訓やモットーなどが描かれており、調べるとどこの一族のものかが判定できるそうです。
こちらはミントン窯のもので、ロンドンにあるトーマスグッティー(銀座の和光のような高級商店)がゴーヒル一族の為に
オーダーし作られたものだそうです。

 BP1270003.jpg

ティータイムも、もちろんYumi先生のセレクトティーカップで。。。
私は1860年代の英国、リッジウェイのもの。
なんともきらびやかで素敵!
すべてが手書きで、一つ一つに描かれている絵柄が異なります。

BP1270001.jpg

お供のスイーツは和菓子ですが、白蝶貝のナイフとフォークで頂きます。

   BP1260994.jpg

お皿もアンティークのものですね。

毎年、本当に贅沢な時間です。

今年は初めての方も多く、皆さん感激しきり!

BP1270004.jpg

ということで、次の講座もあり、あまり時間がなかったので、誘惑はされず帰宅!

ここにはご紹介できなかった素敵なものがた~くさんありました。
きらきらです。

ミントンのピンクのティーセット・・・
欲しかったな~ 
でも、我が家では活躍の場がないから・・・

またいつの日か・・・

楽しいお話、素敵な作品いや、商品、た~くさんありがとうございました~

スポンサーサイト
[ 2017/03/25 23:20 ] 紅茶 | トラックバック(-) | コメント(-)

フォトジェニックなパン(DEAN & DELUCA)

2017年3月19日(日)

ほとんど何もすることなく3連休が過ぎていきました~
だめだな~><;

ランチにちょっとカメラで遊んでみました。

いつも人がたくさんいて、レジもすご~く並んでいるDEAN & DELUCA(ディーンアンドデルーカ)
そんなお店では買わない私だが・・・

お店の前でカップルの男の人が、「これりゃ~フォト用だわ~」と言いながらパンを見ていました。
DEAN & DELUCAのパンは大きく、色彩も豊かです。
私も「確かに・・・」と思い、ちょっと買ってみようと思った次第です。
レジ、並びました。

美味しいは美味しかったですが、大味なのかな~
じっくり味わうってところまでは行かなかったですね・・・

DEAN & DELUCAはフォートナム&メイソンのように、DEANさんとDELUCAさんという二人の出会いから
始まったそうです。
1977年にお二人の夢であった-食を愛する人たちのために提供する食材を扱うお店をオープンしました。

いろいろなこだわりがあるのですね。
知らなかったです・・・

日本では、株式会社ウェルカムがDEAN & DELUCA事業部とし展開しているようです。

このパンはいちごミルク・・・って書いてあったような・・・(商品名忘れたどうしようもない私)
赤と黒が衝撃的?
ほんのり甘いお味・・・でもいちご・・・(私の勘違い??)

ちょっと甘さが物足りず・・・ブル-ベリージャムを足しました。

BP1260960.jpg


DEAN & DELUCAのパンにはモダンなブラック&ホワイトの食器があうかな~
でも、私はロイヤルクラウンダービーのデミタスカップで・・・

BP1260957.jpg

ロブマイヤーのパトリシアシリーズのグラスには、フルーツポンチ!
もっと綺麗に写真を撮りたかったのですが・・・
今回はお預け。

BP1260969.jpg

お供にインスタントのスープにピクルス。

なんともフォトジェニックなランチでした~???


[ 2017/03/19 23:43 ] 生活の彩 | トラックバック(-) | コメント(-)

宙に浮くホリゾンタルスタイル ~フラワーアレンジメント~

2017年3月14日(火)

仕事をバタバタと片づけてフラワーレッスン!

引越で大忙し、経理では荷物の移動だけじゃないからね~
こまか~い数字のお仕事がこの後控えている・・・
(ということをあまり理解・意識のない方々多いこと・・・><;)

とはいえ、心にゆとりを・・・

今日は基本形のホリゾンタルを造形的にアレンジする。。。私の苦手なパターン。
最初は先生に説明を受けてもイメージがつかず・・・

完成したのは~~~

BP1260896.jpg


長い枝を生かし、そのラインにコデマリや、ユキヤナギ、リリオペ、ジャスミンなどを添わせます。
花の色彩が対比的なので、配置が難しいですね~

BP1260894.jpg


残念ながら、家では全く再現できず・・・
器も適当なものが見つからず、全部を使ってのアレンジはうまくいかず><;
色々な花をいくつかに分けて、部屋じゅうに飾っています。
吸水性スポンジがないので、長持ちしますね~

[ 2017/03/14 23:48 ] | トラックバック(-) | コメント(-)

世界のティータイム ~紅茶教室~

2017年3月12日(日)

世界のティータイム! という楽しい講座に参加してきました~

私が通っている紅茶教室の碧先生は、実際のその土地を訪れ、それぞれの紅茶事情を
私たちにいち早く教えて下さいます。

今までにどれくらいの国のお話を聞いたでしょう~

この日はその集大成!

先生は2月28日に「紅茶-世界のティータイム-」という本を出版されました。

   BP1260838.jpg

世界にはいろいろなティータイムがあります。

   BP1260880.jpg

ドイツ、英国、フランス、ベルギー、インド、ハンガリー、スリランカ、ロシア、アメリカ、
マレーシア、ポルトガル、オランダ、オーストリア

講座の始まりは、ドイツ!
ヨーロッパの中ではとても「茶」にこだわりのある国。
インドのダージリン・ファーストフラッシュを一番購入する国!
そして、過去のレッスンの中で、私がとっても楽しかった、お気に入りのオストフリーランス
北ドイツでとても寒い地方。
この地方だけの紅茶のティーセットと飲み方。

  BP1260852.jpg

寒い国がゆえに・・・ティーポットは必ず、ティーウォーマーの上に・・・
そして、マグカップには必ず蓋があるそうです。
そして、ティーセットの絵柄はこの写真のものと、ちょっとロイヤルコペンハーゲンの絵柄に似ている、ブルーアンドホワイトの
2種類がほとんどで、紅茶のパッケージや広告にもこの薔薇柄(見えないかもしれませんが・・・薔薇です。)のが描かれています。

飲みかたは、氷砂糖をカップに2粒ほど入れ、そこに紅茶を注ぐ・・
そして、左回りにティーカップの縁にそって生クリームを注ぎます。

なんと、そのためのスプーンもあるのですよ・・

世界にはいろいろなティーバックがあります。
美味し~い! というものばかりではないようですよ。

BP1260840.jpg BP1260839.jpg

ヨーロッパではリーフティーよりティーバックが主流のようです。

英国では、ヴィクトリア朝時代に、バスケットに陶磁器のティーセットを入れ、紅茶やサンドイッチを持って、ガーデンピクニックの
ティータイムを楽しむこともあったのですね~
今は、スターバックスが街にどんどん増え、紅茶事情も変わってきたのかな~

  BP1260878.jpg

トルコのチャイ、モロッコのミントティー、ブラジルのマテ茶(紅茶ではないですが・・・・) 
中国の6色のお茶(緑茶、白茶、黄茶、青茶、紅茶、黒茶)などなど・・・
教室では多くのお茶の世界を体験させて頂いています。(懐かし~)

BP1260873.jpg


そして紅茶の産地、インドやマレーシア、スリランカでは、日本人の私たちがリゾートとして楽しめるところがあります。

紅茶の生産地でもありますので、茶畑も眺められ、紅茶の製造工程も見学ができ、
そしてもちろん、その土地での紅茶も楽しめます。
ヨーロッパでのカフェ文化とはちょっと違った雰囲気ですね。

  BP1260886.jpg

今日のティータイムは、スイーツではなく、カレー
南インドのカレーかな~ ナンと一緒に頂きます。
お供の紅茶はトルコのチャイのグラスに・・・・


  BP1260870.jpg


サロンには、世界の紅茶缶、切手、絵、フィギュアリンなどなど、たくさん飾られていました。

BP1260859.jpg

BP1260856.jpg

とっても楽しかったです。
紅茶がこれからも世界でいろんな形で楽しまれればいいな~

そして、日本では私たちが紅茶を楽しむ時間を持てるよう、少しでも心の余裕がある生活ができればいいですね。

これからも、また、世界の紅茶事情を聞かせてください~
楽しみにしています。

[ 2017/03/12 23:01 ] 紅茶 | トラックバック(-) | コメント(-)

FLORAL DECO ガーデンランチアレンジメント

2017年3月11日(土)

春は名のみの風の寒さや~~~

と、まだまだ春物のコートに変えられない私・・・

でもお花の世界は春爛漫~~

この日はお庭でランチ!
そんなスタイルに合わせたアレンジメント

BP1260761.jpg


ラナンキュラス3種
スカピオサ
グリーンベル
スノーボール
ミモザ
コデマリ
ヘデラベリー
レモンリーフ

レモンリーフはプラスティックの器に両面テープで貼りつけていきました・・・
私はこの作業が苦手・・・というか両面テープがはがせない・・・><;

ナチュラルな雰囲気
ラウンドでふわ~っと、ゆるっと~


BP1260772.jpg

黄色い花は明るくなりますね。
好奇心があふれてくる色でもあり、知識の色でもあるんですよ。
だから、春の季節にはぴったり!

BP1260762.jpg

ちょっと雰囲気を変えて撮影

BP1260803.jpg

背景を黒にして撮影

BP1260811.jpg

外でランチセット、グラスやお皿などと一緒に撮れたらもっと雰囲気でますね~

今日もたくさん撮影も楽しませて頂きました。
[ 2017/03/11 10:13 ] | トラックバック(-) | コメント(-)