茶花色食

花を愛で、色を浴び、美味しい食事と紅茶で心のコミュニケーション

ホーム > アーカイブ - 2016年11月

ロイヤルアルバートでアフタヌーンティー

11月27日(日)

この日の紅茶教室もピンク・ピンクの可愛さい~っぱいのサロンでの講座です。

      _1130376_B.jpg


ロイヤルアルバート 英国の陶磁器メーカーです。
今年で創業120周年を迎えました。

1896年に創業され、「世界で最も安いボーンチャイナ」をモットーに製造を始めたそうです。

1896年には、英国ではすでに多くの窯が王室御用達になっており、
王侯貴族が日常に使う食器はとても高価で、一般庶民にとても手が届くお値段ではない~

英国の文化は上から下へ・・・
そして、その階級での文化を創り出すのがとっても上手な国民なのだそうです。

ロイヤルアルバートはそんな英国の労働者階級に受け入れられます。
多様なデザイン、紅茶が最も美味しく飲めるティーカップのシェイプ、食器以外の様々な分野にも挑戦。

すご~く楽しい窯です。

もちろんロイヤルアルバートでアフタヌーンティー

ホーリークリスマス クリスマスツリー というシリーズのアフタヌーンティーセット。
すご~くかわいい!

      _1130393_B.jpg

ロイヤルアルバートの作品の中で、1962年に発表された「オールドカントリーローズ」
この絵柄=薔薇もこのティーカップ、プレートに描かれています。

P1130417_B.jpg

テンションあがります。
ケーキまでピンクですものね~

       _1130389_B.jpg
 
お人形の洋服もオールドカントリーローズの絵柄の生地で作られているんです。
そして、お顔や手足は磁器でできているそうですよ・・

       P1130421_B.jpg

手前にあるティーカップのシェープが紅茶を最も美味しく飲ませる「モントローズシェイプ」です。

そして、下の写真! これはティーポットです。
ロイヤルアルバートはこのような楽しく、面白く、かわいいティーポットをたくさん作っています。
コレクションしている方もたくさんいらっしゃるのでしょうね~

   P1130428_B.jpg

ロイヤルアルバートにもイヤープレートがありました~
これがまたまた可愛い~
自分の持っているオールドカントリーローズのティーカップやプレートに合わせてもかわいい!
欲しいな~

      P1130434_B.jpg

英国の家庭のクリスマスの風景が描かれているのですね。
先生のサロンには何枚もありました~

ちょっと華やかなアメリカンビューティーという薔薇が描かれているティーカップ。

      P1130433_B.jpg

この日はロイヤルアルバート気分! 物欲が高まった1日でした。
(買ってはいませんが・・・)

そうそう・・・最初の写真のツリーにもロイヤルアルバートのオーナメントがたくさんつけられているんですよ。

そしてキャビネットの上にもツリー!

  P1130424_B.jpg

なんて素敵なんでしょう~

楽しく、明るく、にぎやかなクリスマスですね~
楽しい2時間をありがとうございました~

スポンサーサイト
[ 2016/11/27 23:09 ] 紅茶 | トラックバック(-) | コメント(-)

FLORAL DECO  クリスマス

11月26日(土)

今日はカメラつながりのFLORAL DECOのレッスンで一緒に学んでいるKOTOちゃんにお誘いを受け、
クリスマスツリー作成に・・・

そして、フラワーBOXも作りました~

まずはフラワーBOX!

マンゴーロマンチカという薔薇
あじさい
コットンボール
ヤシャ
ジェイドバール
エアプランツ(イオナンタ)
ストランチア(スターオブファイヤー)

       _1130347_B.jpg

悲しいかな・・・写真の構図がなんともへたっぴで、どれひとつ良いと思うものがなかったです・・・


       _1130343_B.jpg

クリスマスツりーは結構ハードでした・・・
そして、自分の家がそんなに大きくないことを持ち帰ってわかった><

      _1130367_B.jpg

最後はあまり時間がなくて、あまり考えることもなく、オーナメントを付けてみました。
たくさんつけるとちょっとださくなる感じがしますが・・・
リボンももう少し考えればよかったな・・・

でも、スタイリッシュ! 疲れました~

      _1130359_B.jpg
[ 2016/11/26 23:58 ] | トラックバック(-) | コメント(-)

Emiko’s French Lesson 11月

11月16日(水)

Emiko’s French Lesson

もう今年も11月。 後1回のレッスンを残すのみとなりました~
本当に限られた方だけに行っているレッスンなので、日常の中で普通の材料で、
簡単に安くできるフレンチ。
そんなお料理を日々考え、自分の楽しみとしても頑張っています。


エビとホタテの春巻きスティック


P1010356_B.jpg


サーモンのポワレ マッシュルームのソース レンコンと柿を添えて


P1010357_B.jpg


テーブルウェアは実りの秋!

P1010355_B.jpg

テーブル花は可愛いピンポン菊を使ってみました。
ちょっと珍しい色のカーネーションも入れて、今年流行の色かな~?
ちょっと秋らしい感じですよね。

P1010351_B.jpg

柿をソースに使っているではありませんか~

最近Emikoさまのお料理食べてないからな~

[ 2016/11/20 23:06 ] 生活の彩 | トラックバック(-) | コメント(-)

上野から谷根千散歩

11月19日(土)

雨模様の寒い日。

あ~~~~~残念!

今日はと~っても久しぶりに高校時代の友人夫妻と谷根千散歩の日。

でも、ラッキーなことに、家を出るときには雨は降ってなく。
これなら散歩はできるかも~

雨が降ったら美術館に行こう!と決めて。

上野駅で待ち合わせ。
上野の美術館周辺の樹々も紅葉が始まっていました~

       _1130221_B.jpg


なんでも、友人夫のみのさんは、勤務地である秋葉原に通うのに、日暮里から歩くこともあるそう・・・
(家は埼玉の桶川ですが。)

だから上野、谷根千界隈はよくご存知とのこと。


20161119谷根千地図illust_big

裏の路地を歩くと、小さいけど、趣のあるお店がたくさん。

東京芸大も朝倉彫塑の美術館もあり、芸術の街なんだな~と感じます。

小さいカフェもたくさんありました。
古い民家を改造してカフェにしているところもみかけます。
谷中地ビールも有名なのかな~


      _1130235_B.jpg

明治時代の酒屋さん 吉田酒店
今は観光として開放されています。

       _1130225_B.jpg

谷中は小さなお寺がたくさんあります。
みのさんが教えてくれた、谷中の築地塀は江戸時代末期に築造されたもので、国登録有形文化財

       _1130245_B.jpg

小さなお寺を覗いてはみるものの・・・お寺の名前は一切見ず・・・ここはどこ? って! 
だめですね・・・

そんなお寺の中に、みのさんちぃ夫妻が、「かしわの樹」 「珍しいね~」と話しているのを聞いて、
見上げると、柏餅のはっぱ! 
なんと、保護樹木って書いてありました。

      _1130252_B.jpg

途中雨がぽつぽつ・・・
すご~く寒い!  
ふつうのチェーン店のカフェで暖をとり、暖かいものを飲みながら休憩。

最終地点は根津なので、千駄木から根津神社へ向かいます。
又雨止んだかな・・・

      _1130278_B.jpg

つつじの咲いていない根津神社は初めて。
こちらも紅葉しており、稲荷乙女神社の赤い鳥居を通りぬけて本殿へ。

     _1130275_B.jpg

みのさん&ちぃ夫妻は、二人で色々なところを訪ね、今流行っているご朱印を集めているだそうです。
「神社版」と「お寺版」
今日は、谷中で「お寺版」のご朱印帳を持ってきたようで、根津神社では、紙で頂いていました。

        _1130290_B.jpg


そして、またまた歩いて最終地点の「はん亭」へ

このお店は国の登録有形文化財にも指定されている風格ある、歴史を感じる串揚げが頂ける老舗。

     _1130305_B.jpg

暗くなった通りに趣のある電灯がついて、昔ながらのたたずまいがなんとも素敵です。


     _1130301_B.jpg

お通しに白身のお刺身と柿 表現がうまくできませんが、とっても美味。
そしてお任せで串揚げが12本。
すご~く寒かったので、熱燗を頂きました~

美味しくて、話も盛り上がり、写真を撮るのを忘れました。

身体も暖まり、おなかもいっぱいになったので、根津から上野駅まで散歩です。
雨もあがり、ぶらぶらと歩きます。

上野公園もライトアップされていて、と~っても綺麗でした。

     IMG_5331.jpg

久しぶりに会って、たくさんお話して、そしてちょっと旅行気分も味わえて、と~っても楽しかったです。

夫婦仲良しでいいですね。
これからもいろ~んなところに行って、又、お話を聞かせてください~
ありがとう~


[ 2016/11/19 23:01 ] 生活の彩 | トラックバック(-) | コメント(-)

マイコレクション ティーカップの歴史 ~紅茶教室~

11月13日(日)

東京は穏やかな土日を迎えることができました。
そして、と~っても暖かい。

この日の紅茶教室はティーカップ! ティーカップ! ティーカップ! です。
行く前から、わくわく~

英国でのティーカップの歴史を学びつつ、自分のお気に入りでティータイム!

お迎えティーは、なんとも贅沢な本物のベルガモットを使ってのアールグレイ!

まず、ベルガモットの皮を絞って、お気に入りのティーカップに香りづけ・・・

そしてそこに紅茶を注ぎます。 この日はインドのニルギリ。
ちょっと甘味を付けた紅茶です。

そして、ベルガモットを浮かべて、と~っても贅沢なアールグレイ!
乾いたのどを潤します。

      _1130183_B.jpg

なかなか自分では買えないティーカップを選んで・・・
でも、お隣もきになりました~


      _1130182_B.jpg

講座の中では、小説や映画の中のティーカップのシーンをご紹介頂きました。

文字、文章だけの世界から、ティーカップの絵柄や品質を想像、空想して、時代や背景、人の気持ちまでもが
描かれていく・・・ う~~~なんて素敵!

映画のワンシーンも映像で見せて頂き、映画作りにもきちんと時代背景が描かれているか・・
そんな目で映画を楽しむこともできるのだな~

そして講座の後のティータイムは、英国本場のBloomersのBAKEWELLのPuddingです。
先生が特別に仕入れて下さったとか・・・
すごいな~
日本にいながらにして、英国本場のPuddingが頂けるなんて。

      _1130193_B.jpg

ナイフで切ると、そこからはた~っぷりのアーモンドジャム、いや、シロップのように流れ出て、
アツアツの内に頂いたので、まわりのパイ生地がシャキッとしていて、中はもち!
すごく美味しかった~

ミルクティーが合うのよ~という先生のお勧めをきかず、ストレートで!
ディンブラを頂きましたが、ストレートにもぴったりでした~

      _1130191_B.jpg

この日のレッスンでは、先生のコレクションを譲って頂けるとのことでしたが、
すべて現金制!
現金じゃなかったら、破産してたかも・・・
絶対買ってたな~

      _1130186_B.jpg

この下の写真のティーカップはEmikoさまの元へ~
素敵ですよね~
 
     _1130200_B.jpg

レディペッドフォード・・・
ロイヤルドルトンのカップ。
私は、カップは持っているのですが、デザート皿がなく・・・魅力的だった・・
2セットあれば・・・ そして現金があれば・・・

     _1130204_B.jpg

いや~楽しかったな~

さて、私がお迎えしたものは・・・
又いつの日か・・・・
[ 2016/11/13 23:44 ] 紅茶 | トラックバック(-) | コメント(-)