茶花色食

花を愛で、色を浴び、美味しい食事と紅茶で心のコミュニケーション

ホーム > アーカイブ - 2016年10月

ハロウィン-和菓子 ブームにのる?

10月31日(月)

今日がハロウィンなんですよね~

ハロウィンはケルト人が起源だとか・・・

元々はイングランド南部、スコットランド、アイルランドなどで始まった、新しい日の始まりを意味するものだったよう・・・

現在では、アメリカの行事? 秋の収穫を祝い、悪霊を追い出す宗教的な意味あいのある行事のようですが・・・

日本はそんな意味も歴史もない、単なる娯楽の行事?として定着しつつある???
いや、仮装行列をする日?

お菓子業界もこれにのっかり、さまざまな、とっても可愛い、楽しいお菓子がたくさん~
消費者の心をつかみます。

って、つかまれてま~す!

_1250264_BLOG20161030.jpg

「かんらく」さんの和菓子です。おまんじょうにねりきり。

包装もとっても可愛い~

        _1250262_BLOG20161030.jpg

紅茶はヌワラエリヤを淹れて、白あんのねりきりを頂きました~

        _1250268_BLOG20161030.jpg

バレンタインデーやクリスマス。
日本は西洋の行事を上手に商戦に取り込んでいますね。
ハロウィンも確実に定着しつつあります。

次はイースターかな~

そんな垣根のない日本人が好きかも・・・???

スポンサーサイト
[ 2016/10/31 08:00 ] 生活の彩 | トラックバック(-) | コメント(-)

紅茶の淹れ方検証 ~ダージリンを極める~ by Cha Tea

10月30日(日)

今日は高田馬場で電車に乗った途端に、人身事故のお知らせ・・・
山手線! 止まりました。

数分待ちましたが、20分は止まるようなアナウンス。
地下鉄で行くことに・・・

でも、結局はそのまま座っていた方が早かったのかな・・・
私一人が20分も遅れるはめに・・・(まあ、私が悪いのだが。)

ダージリンという茶葉を様々な条件で淹れる検証を行う講座。
いつになく、実験のような講座です。

お茶は植物。
香り、味、水色は、さまざま条件によって、変化がおきます。
そこには目には見えない成分の働きがあってのことです。

今日は、茶葉の量と湯の温度を変えての検証。

茶葉は王道のダージリン

       _1250312_20161030.jpg


紅茶のシャンパンとも言われるダージリン。
インド北東部西ベンガル州北部のダージリン! ヒマラヤ山麓に位置し、標高は2000メートルの高地から
低地に至る赦免に植えられ、育てられる茶葉です。

中国のキームン、スリランカのウバ、と並び世界三大紅茶と称される茶葉ですが、
個人的には、世界一?

そんな紅茶の世界の王様のダージリンを茶葉の量や、湯温を変えて、どのようになるかを検証です。

茶葉の量を変え、蒸らし時間を変えての検証

_1250279_20161030.jpg

_1250278_20161030.jpg

湯温を変えての検証

_1250283_20161030.jpg

_1250282_20161030.jpg

検証の結果、紅茶は嗜好品。

レッスンでは、3gの茶葉を沸騰したほぼ100℃に近いお湯で3分! というのがお決まりで紅茶を淹れています。
今回は湯の量は一定ですが、当然湯の量も普段淹れるときには、変えることもできます。
ちなみに、レッスンでは、3gで170CC。

ダージリンという紅茶の世界では王様である茶葉なので、香りは天下一品! 味は紅茶の中では味わいが違う。
そんな茶葉だからこそ、よけいに、色々な条件でその味わいが違います。

お茶の成分には、香りの成分、色の成分、味の成分 があります。
これらの成分は温度や空気、時間の変化により、それぞれ影響を及ぼします。

香りの持続性、色の美しさ、渋み、甘味、まろやかさ、さわやかさ・・・等々・・・
人によって、その好みは変わります。
なんだか、ワインみたい~~~!
って、一緒ですよね。 植物なのですから・・・

私の個人的な好みから、ファーストフラッシュは湯温低く、茶葉が少なく、蒸らし時間が多い淹れ方でも、
若葉の青い香り、成分に含まれる甘み、そして渋みが少なく、まろやかな味わいが良かったかな~
(これって、白ワインの好み?)

セカンドフラッシュは、茶葉の量が多く、蒸らし時間が少なく、高温で淹れているのが好み・・・
渋みが強くなるけれど、香りが豊かで、しっかりした茶葉の味を感じるから・・・
(これって、赤ワインの好み?)

そして更なる検証。

茶葉15gを氷水で抽出!

      _1250292_20161030.jpg

水色は水そのもの。
冷たく、すっきりした・・・・お水???
いやいや・・・
しばらくすると、ほんのりした甘みが・・・
これってアミノ酸の力。
ただのお水を飲むよりはず~っと優しい感じです。

_1250296_20161030.jpg

そして・・・
この後に、お湯を注ぎます。 氷はまだ解けていないので、お湯を注ぐとぬるま湯に・・・
水色が少しついてきました。
香りもほんのりダージリンファーストフラッシュの香り。
身体に優しい~白湯のよう・・・


_1250298_20161030.jpg

そしてそして、ポットの茶葉に最後に熱湯を注ぎます。

氷水で抽出した紅茶水。更に白湯のような紅茶湯。
これらの繊細な味がわからない人は普段からジャンクフードの食べ過ぎ?
自然な素材を使っていない調味料の摂取が多い人のようです・・・

最後のお茶で塩キャラメルのロールケーキと一緒に頂きました。
これだけしっかりした甘味のあるスイーツには、やはりお茶もしっかりしたお味がいいですね~

       _1250309_20161030.jpg

自分自身の心がけ、自分へのこだわり、人への気遣い等々・・・
今回のレッスンでは、丁寧に生きる! 
大げさかもしれないですが、そこに奥深さ、楽しさ、優しさがあるんだな~ とつくづく思った次第・・・

今の私。
それをやる余裕がない! いや、やろうとしない・・・ 気持ちが足りないな~

かおる先生!
とっても有意義な講座をありがとうございました~

[ 2016/10/31 00:42 ] 紅茶 | トラックバック(-) | コメント(-)

ピンク!ピンク!ピンク!薔薇と紫陽花とダイヤモンドリリー

10月25日(火)

今月2回目のフラワーレッスン!

久々のブーケホルダーを使ったブーケ!

ピンクの薔薇2種とダイヤモンドリリー、そして紫陽花! ベロニカも・・・
葉物はアカシヤとユーカリ、ポプラス

最近は自分のフラワーアレンジに自信がないので、何をやってもうまくいかない・・・
センス良く、おしゃれなものができません。
お花がもったいないな~

 _1250250_BLOG20161025.jpg


     _1250254_BLOG20161025.jpg


 _1250260_BLOG20151025.jpg
[ 2016/10/25 23:47 ] | トラックバック(-) | コメント(-)

ノイバラと黄色の薔薇でふわっとオーバル

10月18日(火)

8月、1回。 9月1回。 のフラワーアレンジメントレッスン
いつもは月2回なのですが・・・・・

今日はなんか、久しぶりです~

本当は、ブーケのレッスンだったのですが、私がブーケフォルダーを忘れてしまい、
アレンジメントに変更です。

基礎のオーバルアレンジではなく、ノイバラを使って、ふわっとオーバル。

私にできるかな~

とまあ、とても創造的!とはいかず平凡。。。。かな~
なんかどうしたらいいのかわからないんですよね~

_1250235_BLOG20161018.jpg

お教室での器が少し背の高いトロフィーカップ型のブリキの器。

そして、家で再度やり直したときには、低めの器。

やっぱり器が違うと雰囲気変わりますよね~

写真を撮る環境もあまりよくないので、暗いのに反射している感じ・・・・

_1250244_BLOG20161018.jpg

ノイバラが縦に1本! 目立つな~

黄色のバラが美しい~

ピンクッションもあるのですが、目立たないですね~

[ 2016/10/18 23:37 ] | トラックバック(-) | コメント(-)

テキーラ シエテレグアス 大人買い

テキーラというお酒はなかなかお店では買うことができない・・・(私は・・・)

ちょっと敷居が高く、高級な、本当にお酒が好きな人がじっくり味わうお酒・・・というイメージ。

先日、日本蕎麦にマリアージュされたテキーラを出してくださる代々木公園の大野屋さんに行った時に
お勧めのテキーラがシエテレグアスという蒸留所のものでした。

テキーラの王様と言われる「ドン・フリオ」の従兄であるホセ・ゴンザレスという方が創設した
大変歴史のある蒸留所だそうです。

シエテレグアス・・・
なかなか日本では買えないらしいです。

熟成度合から、ブランコ(2か月)、レポサド(2か月~1年)、アネホ(最低1年以上)
と分類されるテキーラ!

私は大人買いをしてしまいました~
紅茶でくせがついてしまっているのか・・・飲み比べしてみたくて・・・

_1250193BLOG_20161016.jpg
暗くて違いがわからない~

ロブマイヤーのグラスで楽しみます。

         _1250198BLOG_20161016.jpg


私はやっぱりアネホ好きなのかな~

        _1250194BLOG_20161016.jpg

テキーラは瓶もおしゃれなんですよね~

飲みすぎないですよ~
じっくり味わいます。



[ 2016/10/18 00:41 ] 生活の彩 | トラックバック(-) | コメント(-)