茶花色食

花を愛で、色を浴び、美味しい食事と紅茶で心のコミュニケーション

ホーム > アーカイブ - 2016年04月

ピンクのガーベラ6種

Emikoさまが母の茶道の生徒であり、お仲間だった方に手料理でおもてなし。

その際に1人1人にお花を添えようと思い、ガーベラを買いました。
たまたまお花屋さんでガーベラ特集で、小さいガーベラと大きなガーベラ、かなりの種類のガーベラが
揃っていました。

私はEmikoさまが好きなピンクの小さなガーベラを6種選びました。

IMG_4409.jpg

買ってきた日は写真で遊びました・・・
夜だったので、暗めに・・・

P1220850_BLOG20160419.jpg

ガーベラとかひまわりって笑顔の花ですよね~
みんな笑って見えます。

       P1220855_BLOG20160419.jpg

どの色がお好きでしょう~

スポンサーサイト
[ 2016/04/26 00:29 ] 生活の彩 | トラックバック(-) | コメント(-)

紅茶ブランドⅡ ~紅茶教室~

4月24日(日)

今週は2日続けての紅茶教室。

日曜日は紅茶のお勉強です。

世界の紅茶ブランドを6個。

        P1220934_BLOG20160424.jpg


トワイニング、リプトン、マリアージュフレール、フォトナム&メイソン等々、
日本では有名ところ紅茶ブランドは、それぞれ単独で学んできましたが・・・

今日は、今日本でも紅茶ブーム(?)にあやかってか、店舗がオープンし、
おしゃれなティールームもできたというブランドもご紹介頂きました。

正直、私は6個の内、4つはよく知らなかったですね~

まずはドイツ代表~~~
ロンネフェルト

ドイツのフランクフルトに創業。
日本では、代官山にティーブティック(紅茶関連の販売?)があるようです。
なんでも、ここのブランドはスペシャルなティーポットがあるようですよ~

そして、ドイツらしく、マスター制度を取り入れたのか・・・
お店で紅茶を淹れるためのティーブレンダーのテストがあるようです。
階級もあり、その資格を持っている人でないと、ここの紅茶をサービスるすことはできないとか・・

P1220939_BLOG20160424.jpg

二番手はクスミティーこちらは紅茶缶などのロゴにはパリ!って書かれていますが、
創業者はロシア出身! ロシア革命により、フランス・パリへ
日本ではDEAN & DELUCAでもみかけますね~
フレーバードティーが有名です。

P1220949_BLOG20160424.jpg


次に・・・
イギリスのブルックボンド。
私のように古い(?)人間には、日本でもブルックボンドは有名な紅茶メーカーでした。
確か、白金台にも素敵なお店があり、よく行ったものです。

マンチェスターにアーサーブルックボンドさんが1869年に創業しました。
この土地は、労働者階級の地域で、今まで王侯貴族に飲まれていた紅茶が
一般庶民にも飲まれるようになってきた時代。
ブルックボンドは、紅茶の売り方を庶民にあった方法に変えていきました。

そして、広告宣伝にとても力を入れたブランド。
赤い車-車体広告でも有名でした。

       P1220951_BLOG20160424.jpg



四番手はフランスのジャンナッツ 1872年創業です。
2012年に表参道に素敵なサロンがオープンしたとか・・・
私は全く知りませんでした~

2匹の黒猫、「サムとボー」がロゴマーク。
創業者の飼い猫で、主にとっても忠誠心のある猫で、創業者も自分の飼い猫のように、
お客様ににはいつも忠誠心を忘れずに接して行こう!と心に決めたことにより、この2匹の猫がロゴマークになったとか。。。

       P1220953_BLOG20160424.jpg


5番目もフランス-ニナス
創業1965年。元々は香料の会社だったようですが、そこの社員であった調香師の人が始めたブランド。
なんでもここのフレーバドティーはフランスのヴェルサイユ宮殿で育てられている植物、果実を使って、
香りを付けている・・・ということ。

日本では横浜のクィーンズスクエア(他)にあるようです。

ヴェルサイユ宮殿! ということで、広告塔はマリーアントワネット!
紅茶缶もとってもかわいく、おしゃれです。

      P1220932_BLOG20160424.jpg


最後は紅茶の産地、スリランカのムレスナティー
1983年創業。 ブルックボンドでティーブレンダーをしていたアンスレムさん。
自国のスリランカの紅茶を世界の人に飲んでもらいたい!と創業。
紅茶の国、スリランカを世界に紹介することに情熱を持っている方なのですね~
ディンブラには素晴らしいティーキャッスル 紅茶の博物館を建築。
工場には、スリランカの紅茶の父、

日本には、関西地区にお店が多いような感じです。

      P1220943_BLOG20160424.jpg


まずは、この6種類のテイスティング。
なかなかどれも、まあまあ美味しい紅茶でした。

そして本日のティータイムは6名でそれぞれにこの紅茶を淹れました。

お供のスイーツはりつえ先生の手作りワッフル!

中のクリームはブルックボンド=現在のPG Tipsの紅茶で作ったもの。
そして、それにかけるシロップも紅茶で作ったもの。

これが6種類どの紅茶にもマッチして美味しかったです。

P1220942_BLOG20160424.jpg

ワッフルは事前に1枚、2枚のリクエストをし、私は半分の1枚で・・・

テーブルクロスの代わりのテーブルペーパー。
これは、アンティーク画(新聞広告)をカラーコピーしたもの。
ちょっとしたアイデアですよね~
とっても楽しい雰囲気。  お土産で頂きました~


P1220923_BLOG20160424.jpg

まだこのレッスンは続くのですが、私のブログなど読む方もいらっしゃらないので・・・
今回は掲載してしまおう~
お話はまだまだ奥深いですから~

たまえ先生! 楽しかったです~
時間内にご説明頂き、ありがとうございました ^O^

[ 2016/04/24 23:10 ] 紅茶 | トラックバック(-) | コメント(-)

Royal Crystal CAFE とっても素敵なカフェ

4月23日(土)

今日は紅茶教室のイベント

銀座にあるRoyal Crystal CAFEで、アンティークで楽しむアフタヌーンティーが開催されました。

ここのカフェはドトールの創業者でもあり、現会長の鳥羽博道さんが
ご自分の全財産をかけて! と言っても過言ではないほど、こだわりにこだわって2007年に
オープンしたと~っても贅沢な素敵な空間なのです。

ビルの地下にあるのですが、階段を下りるとシャガールの絵が出迎えてくれます。
そして、キャビネットに入ったアンティークカップの数々・・・

P1220871_BLOG20160423.jpg P1220872_BLOG20160423.jpg

ホームページにもいくつかのカップが紹介されています。

そして、今日はアンティークショップを経営されている由美先生が
Royal Crystal CAFEの店内の鳥羽様のこだわりのアンティークの数々
絵画やガラス製品、柱やドアなどなど・・・をご説明下さり、
自分では気づかなかった点をたくさん知ることができました。

やはり知らないより知っていた方が楽しいですね~

フランスのアールデコのガラス作家として有名なルネラリックのランプ。
光がとっても優しく、とっても癒されます。

P1220858_BLOG20160423.jpg P1220873_BLOG20160423.jpg

私が座った席の真ん前には、マリーローランサンの絵がかかっていました。
(写真はガラスにシャンデリアが反射してちょっとよくないのですが・・・)


          
P1220898_BLOG20160423.jpg

個室にもそれぞれに絵やマイセンのプレートや今回はどこの、どなたの作品かはわからなかった作品などが
かけられていて、美術館のようでした。
先生が貸切にして下さり、すべての部屋を見ることができ、写真も撮ってもよいので、
皆さん大興奮ですよね~
(残念ながら、いつものことながら、写真は良く撮れているのがあまりなかったのですが・・・)

        P1220882_BLOG20160423.jpg


テーブルには自分の名前と先生がその人にあったカップを選んでおいてくださっていました。
そうなんです。全員がドイツ、フランス、ウィーン、イギリスなどのアンティークカップを使わせて頂けたのです。
38名の参加者がいらしたので、それだけのアンティークカップがテーブルにセッティングされており、
そこに紅茶が注がれるのですから、それは見事ですよね~

残念ながら、全部のティーカップをゆっくり拝見することはできませんでした。

なかなかティーカップの美しさは写真に撮ることができなかったので、ほんの一部。
ロイヤルコペンハーゲン、ミントン、ウィーン窯

P1220888_BLOG20160423.jpg P1220890_BLOG20160423.jpg
P1220900_BLOG20160423.jpg

そしてそして私は~~~

なんと美術館級~と先生に言われましたが、1740年のマイセンのティーカップ。
ホームページにも掲載されています。

現在ではない紫の濃淡でお花と蝶が描かれているものです。
とっても素地が薄く、優しい感じです。

     P1220886_BLOG20160423.jpg

紅茶の水色が綺麗ですね~

       P1220892_BLOG20160423.jpg

今日はアフタヌーンティーなので、サンドイッチとスコーンが出されました。

       P1220896_BLOG20160423.jpg

スコーンにはクローテッドクリーム、ブルーベリージャム、はちみつがお供・・・

そして、最後には7,8種類ぐらいあるケーキの中から好きなものを選ばせて頂きました。
私は、何よりも好きなショートケーキ。(ケーキは昭和の香り漂う素朴なものです。これがまたいいですね~)

P1220909_BLOG20160423.jpg

最後には紅茶関連&アンティーク関連のクイズが10問。
プレゼント付でした。
挙手制だったので、まあ、私はおとなしくしてました。
やっぱり、紅茶はわからなかったです。 ちょっとがっかり! アッサムでした。
まさか!と思う自分も嫌だな~
でも、いつも自分が飲んでいるアッサムとはま~~~ったく違う! と、私は思う。
(まあ、負け惜しみですが・・・)

あっという間の2時間。
楽しい時間を過ごすことができました。

おまけ! 
P1220916_BLOG20160423.jpg

[ 2016/04/23 22:11 ] 生活の彩 | トラックバック(-) | コメント(-)

フローアレンジ フラワーアレンジメントレッスン

4月19日(火)

今月は2週続けての花のレッスン。

今日はフローアレンジです。

いつもはアイビーや利休草など流れのある葉ものや花を使うことが多いのですが、
今回は宿根スイトピーやてっせんを使って、上から流れ出るような雰囲気をアレンジ。

一度レッスンでやったことがあるのに、すっかり忘れてしまった私。

前にばかり落ちるようにアレンジしていたら、上がなんにもなくなりました~

花で形を作るって本当に難しいです~

先生のアドバイスを頂きながら、なんとか完成です。

     P1220822_BLOG20160419.jpg

     P1220834_BLOG20160419.jpg


家に帰って・・・同じような器がないし、全部1からやり直す元気がなく・・・
持ち帰るときにはずしてしまった下の花をもう一度挿す・・・
でもこのような手抜きをやると、やはり形は崩れますね~  反省です。

     P1220840_BLOG20160419.jpg

[ 2016/04/19 23:06 ] | トラックバック(-) | コメント(-)

大きなアレンジ(ラジエート) 大きな葉を生かして!

4月12日(火)

会社で落ち込んだり、疲れたな~と思って、がっくりしているとき・・・

早く家に帰って寝てしまいたい~って思うこともあるけれど・・・

花の教室のドアを開け、先生の明るい笑顔と元気なお声を聴く・・・

そして、花たちの香りを吸い、たくさんの花を見ると、会社のことは忘れますね~

そして、花たちの対話???(いや、先生や皆さんとの会話・・・)

この日のレッスンはと~っても大きな葉物がたくさん!

そして、その葉物の性質、形状が異なるもの。

大きく、のびのびと活ける! どちらかというと私の好きなアレンジです。

とはいえ、私の創造力って小さいんですよね~
ありふれた、普通の型しか思いつかない・・・

でも、それが好きだったりもする。

   P1220788_BLOG20160412.jpg

先生のアドバイスにより、今回のテーマである葉物の異なる種類を生かし、
それぞれの特徴を生かしつつ、紫陽花や白いバラを脇役に上手に使う・・
あ~なんと、難しい!
そんな課題! あまり上手に活かせなかったな~

   P1220799_BLOG20160412.jpg

タニワタリをもう少しカール?させたら、直線と曲線の対比が出来たのかも。。。

家に持ち帰るときは、このままは持って帰れないので、すべて解体~

そして、家に帰り、器を探すところから・・・

やっぱり紫陽花、薔薇が主役になってしまいました~

でも、せっかくだから・・・

楽しんでます。

   P1220811_BLOG20160412.jpg


ハラン
タニワタリ
タマシダ
コデマリ
薔薇
紫陽花
ヒペリカム(グリーン)
[ 2016/04/12 23:38 ] | トラックバック(-) | コメント(-)