茶花色食

花を愛で、色を浴び、美味しい食事と紅茶で心のコミュニケーション

ホーム > アーカイブ - 2016年03月

修行を積んだケークサレ!

会社の同僚がケークサレを何度も何度も作っていました。

元々ケークサレって何?  って感じで、どのように完成したらそれが正解なのか
本人もよくわかっていないらしい・・・

それでも、具材を色々変え、何度も挑戦していた。

あるとき、会社に試作品を持ってきてはいたが、私にはくれなかった!
とても、人に食べさせることはできない出来栄えだったようだ。

そして、そして、昨日!

ようやく食べてもらえるケークサレが完成したと、
まずは一切れ、私にくれました~

なんでも、たまねぎ、ベーコンを炒めるときに、塩、こしょうを忘れたとか・・・

いやいや、そんなことは全く感じさせない美味しさでしたよ~

家に持ち帰り、ちょっとおしゃれに盛り付けようと、遊んでみた。
私は何の料理もしていないのだが、ちょっとしたカフェメニュー

Ikka Cafeと名付けた。

      P1220478_BLOG20160324.jpg

どうですか~~~?

と~っても美味しいそうでしょう・・・

いや、本当に美味しかったです。
まわりサクサク、中しっとり!
ミニトマトや豆の風味がちゃんと感じて、塩、こしょうなんてなくて全然問題なしです~

     P1220477_BLOG20160324.jpg

両手ハンドルのティーカップにインスタントスープも入れてみました~


ケークサレ とは・・・ フランス語で cake salé  塩味のパウンドケーキ・・・
キッシュに似ているけれど、キッシュは卵と生クリームが材料に使われ、パイ生地のものが多いけれど、
ケークサレは、油脂(オリーブオイルなど)を使い、小麦粉を混ぜ合わせパウンドケーキ型に焼いたもの。

Ikkaちゃん! ごちそうさまでした~
次回はランチ仲間全員に1本作って来てくださるとか・・・
楽しみにしていま~す!

スポンサーサイト
[ 2016/03/26 01:36 ] 生活の彩 | トラックバック(-) | コメント(-)

プティ オザミ  銀座1丁目

3月21日(月)にオープンしたばかりのプティ オザミに行ってきました~

夜は¥3,800のコースのみでした。

一旦コースはあまり~~~~~と思ったのですが、時間が早く、予約しなくても入れたし、
そんなにコース料理も多くなかったので、入ることに・・・

1階の椅子とテーブルはカジュアルな感じですけど、ちょっと狭いですね。
隣のお客さまととっても近い感じ。


    P1220461_BLOG20160323.jpg


そして、オープンしたばかり・・・というひいき目にみても、
お店の方々が混乱されているようにも見え、
そして、リーダー?店長がいらっしゃるのかどうなのか?
いまどきの若者? ちょっと気がきかないな~
コートも自分でかけ、荷物を置くところの案内も少し曖昧・・・
お支払をして、お店を出るときもどなたのお見送りもありませんでした~

でも、お料理はそこそこ美味しかったです。

コースも5種類ある中から、前菜やメインが選べます。
途中、スープか魚料理(+700円)を選ぶのは珍しいパターン?

そして、なんと、デザートはついているのですが、飲み物のコーヒー、紅茶は有料なのです。
なんか、ちょっとね~
飲み物ぐらいサービスしてほしかったな~

ということで、コースのお料理を・・・

    P1220465_BLOG20160323.jpg


    P1220467_BLOG20160323.jpg


    P1220469_BLOG20160323.jpg

ここのお店の名物のデザート。
とろとろプリンです。

    P1220470_BLOG20160323.jpg


私が選んだデザートはバニラアイスクリームとグレープフルーツのアイスクリーム
牛肉のホホ肉がちょっと油っぽく(私にはですが・・)さっぱりしたく、このデザートを。

    P1220472_BLOG20160323.jpg

いつものことながら、私の場合には、このコース料理のワインがつき、そのお値段がコースのお値段とほぼ同じぐらい。
ということは、やはり高くつきますね~

ホームページがまだないような気がします・・・   ★★★

[ 2016/03/23 23:59 ] 生活の彩 | トラックバック(-) | コメント(-)

西洋陶磁器の王者マイセン

3月23日(水)

今日は年始の休日出勤の振替でお休みを頂きました。

銀座にある洋食器のお店=ル・ノーブルさんと紅茶教室のコラボイベント

ブランドストーリー 西洋陶磁器の王者マイセン

ドイツの有名な窯であるマイセンの歴史について学びました。

     P1220439_BLOG20160323.jpg

日本でもマイセンはかなり有名ですよね。

ドイツのアウグスト強王は1600年~1700年にかけて在位していた王様。
何より陶磁器が好きで、自国の優秀な兵士600人と中国の磁器でできている壺、15個と交換するほど
熱烈なコレクターでした。
現在でも、ツヴィンガー宮殿には磁器の間があり、かなりの東洋の陶磁器が飾られています。

ヨーロッパで初めて白磁の焼成を成功させたヨハン・フリードリヒ・ベッドガー
オーストリアウィーン窯からマイセンに・・・天才的絵付師、ヘロルト
造形師のケンドラー
造形師のアシエ
現代の波の戯れ、アラビアンナイト

       P1220440_BLOG20160323.jpg


今でも美術館級の素晴らしい陶磁器をたくさん持つマイセンは、
造形美も絵付けも一流。
とっても素晴らしい。
でも、もし、私が陶磁器について、色々知らなかったら、きっとマイセンの素晴らしさは
うわべだけのものでしか感動できなかったと思います。

       P1220460_BLOG20160323.jpg

ティータイムももちろんマイセンです。

       P1220443_BLOG20160323.jpg

       P1220445_BLOG20160323.jpg

P1220453_BLOG20160323.jpg


私の野望は近々実現させちゃうかも・・・

働いて収入がそこそこあるうちに・・・ですかね?
消費税が上がる前に・・・ですかね~?

いつものことながら先生のお話はと~っても楽しく、マイセンの作品の製造工程も写真とお話で詳細に聞くことができるんです。

そして、ル・ノーブルさんには、最新のマイセン情報を教えて頂きました。

銀座! 行きますよ~
[ 2016/03/23 23:59 ] 紅茶 | トラックバック(-) | コメント(-)

フローブーケ(お花のラインをいかして・・・)

3月22日(火)

この日のお花のレッスンはブーケだったのですが、ブーケフォルダを持って行くのを忘れました~

お教室のをお借りしてのレッスン。

お花のラインを生かして作るブーケ! がテーマ。

花材には春の花がいっぱいですが・・・
茎がと~っても弱い花が多く・・・中でもパンジーはちょっと大変~

珍しいお花もありました。

フリージア
チューリップ
パンジー
バイモユリ
ヘデラベリー
マダガスカルジャスミン
ゼラニウムの葉

途中、ブーケフォルダーが倒れました~

なんとか受け止めお花は無事!
でも途中で正面がゆがんだ? でも、頑張った!

        P1220413_BLOG20160322.jpg

今日も春いっぱい! あふれ出るような花たちが素敵ですね~

        P1220414_BLOG20160322.jpg

こままの姿で家に持ち帰るのはとても難しい・・・
茎が折れてしまうかもしれないから・・・
ブーケフォルダもお返ししなくてはいけないしね。

ということで、先生のアドバイスもあり、オアシスにパラレルに挿しなおしました。

P1220433_BLOG20160322.jpg

家では、テーブルの上に置いてあります~
春の花壇のようです。

お教室でのお話も春・春・春 で幸せいっぱい! 本当に楽しい方ですね~ Sさま!
ご結婚おめでとうございます~  ですね~ ^O^

[ 2016/03/22 23:03 ] | トラックバック(-) | コメント(-)

たかだかパンとスープだけを食べるランチに・・・・

日曜日のブランチ!

な~んにもなかったので、パンとスープだけを頂くのに・・・
ちょっと写真撮影~

チーズがたっぷり入ったパンとフィグノア。 ジャム3種をつけて頂きました。

P1220330_BLOG20160320.jpg

余裕のあるときには、食器で遊ぶ!
それだけで優雅・・・

って実際は、写真撮るために、まわりはごちゃごちゃ・・・、紅茶やスープは冷める・・・
なんかね~

でも、いいんです。自分が楽しいから!
[ 2016/03/22 15:00 ] 生活の彩 | トラックバック(-) | コメント(-)