茶花色食

花を愛で、色を浴び、美味しい食事と紅茶で心のコミュニケーション

ホーム > アーカイブ - 2015年11月

イタリアンと日本酒のコラボ(ドメニカ・ドーロ&成龍酒造)

11月28日(土)

先週の土曜日。

紅茶関連の方にお誘いをうけ、イタリアンと日本酒のコラボイベントに参加してきました。

会場は南青山にある「ドメニカ・ドーロ」というイタリアンのお店。

そして、酒造は愛媛県西条の成龍酒造
私は愛媛県の日本酒は初めてかもしれません。 あまり聞いたことがなかったので・・・

成龍(せいりょう)酒造の代表の方、首藤さんはとっても都会的でお若い!
しかし、愛媛県西条市、故郷に対する愛はとても強く、そして日本酒にかける情熱は素晴らしい!

酒は夢と心で造るもの!をモットーに1877年から現在に至るまで日本酒を造り続けている酒蔵です。

紅茶にしても、ワインにしても飲料は料理の脇役。
食べ物が更に美味しく頂けるよう引き立てるのが飲み物の役割と・・・
私もそう感じ、思い、勉強(?)しています。

成龍酒造さんも「酒は料理の脇役であれ」を合言葉に食事との相性を考慮しながら、
酒造りをされているそうです。

そして、この日、イタリアンのお料理に日本酒、3本をご紹介頂きました。


P1200192_BLOG20151128.jpg

P1200196_BLOG20151128.jpg

飲み比べって楽しいですね~

一番左側の日本酒が、成龍酒造の定番のお酒で生産も売上(?)も一番のようです。
それぞれお味が違いますが、やっぱり定番ってすごい!
飲みやすく、お料理は何でも合う感じです。

ドメニカ・ドーロのシェフも愛媛県西条市のご出身で、お料理には地元産を多く使われるとのこと。
この日は西条産太秋柿とはだか麦を使われていました。

瀬戸内山口産サワラの炙りカルパッチョ 黒オリーブソースと蕪のマリネ 柚子の香り
広島産生ガキ 紅しぐれ大根のマリネと赤ワインビネガー甘酢仕立て

P1200199_BLOG20151128.jpg

蒸し穴子のグリルしょうが風味のバルサミコソース

P1200202_BLOG20151128.jpg

八ヶ岳仕込の生ハムと西条産太秋柿を添えた前菜盛り合わせ

P1200204_BLOG20151128.jpg

瀬戸内小海老と菜の花のトマトソーススパゲッティ

        P1200210BLOG20151128.jpg

紋甲イカのスミ煮ソース西条産はだか麦のリゾット

        P1200213_BOLG20151128.jpg

ドメニカ・ドーロ特製 和栗のモンブラン 黒糖ソース

        P1200216_BLOG20151128.jpg

私はお酒を飲むとあまり、食事が食べられないのですが、どれも少しずつ出してくださって、とっても美味しく頂けました。

最後のモンブランもと~~~っても美味しかったです~

飲み比べやお料理と飲みもののマリアージュって楽しいですね~

スポンサーサイト
[ 2015/11/28 23:50 ] 生活の彩 | トラックバック(-) | コメント(-)

ハイカラさんのクリスマス ~紅茶教室~

11月28日(土)

少々ブログのアップが遅くなってしまいました~

先日の土曜日の紅茶教室は、明治、大正時代にタイムスリップ!

題して、ハイカラさんのクリスマス でした。

日本でのクリスマスはいつごろから祝っていたのか・・・
ヨーロッパからどのように伝わってきたのか・・・

そんなお話から講座はスタートしました。
講師は愛先生!!

P1200171_BLOG20151128.jpg P1200172_BLOG20151128.jpg



日本は戦国時代からすでにクリスマスを祝っていたそうですよ。
かの有名なフランシスコザビエル
日本にキリスト教を布教すると同時にクリスマスの習慣も伝わってきたとか・・・

公式な記録では1552年に初めて日本でクリスマスが祝われたようです。

織田信長もクリスマスを祝っていたのでしょうか~
どんなクリスマスだったのでしょうね~

しかし~~~~~
江戸時代になると・・・日本はなが~~~~~い年数(200年近く)鎖国をしていて、他国との接点がほとんどなし。
それと同時にバテレンは追放され、キリスト教禁止令が出されます。
となると、ほとんどの人がクリスマス・・・なんて祝うことなんてあるわけがないですよね~

でもでも・・・日本のある地点・・・そう!長崎の出島というところは限られた国との貿易が行われており、
記録には、オランダ人と共にクリスマスが祝われたと・・・

時が200年経過し、1854年日米和親条約により日本開国

P1200191_BLOG20151128.jpg


西洋の文化が日本に流れ、西洋のもはなんでもよし!とする時代。
ハイカラ ・・・  西洋の服を着て、や西洋の生活スタイルをする様子をいう言葉・・・

当時の日本の新聞記事や、外国の新聞に掲載されたクリスマスに日本の物が取り入れられたツリーや
プレゼントが写った写真が掲載されているものなど、サロンではたくさん見ることができました。

P1200154_BLOG20151128.jpg P1200153_BLOG20151128.jpg


でも、やっぱり、この習慣は上流階級でしかできなかったことですね・・・
今も日本に残る西洋館はかなりの財閥や権力のあった方々のお屋敷。

そんな場所でクリスマスパーティーが開かれていたのでしょう・・・
ちょっと覗いてみたくなりますね。

サロンはそんな明治時代のハイカラな雰囲気に包まれていました。

写真のクリスマスツリーのオーナメントをよ~く見るとなんとも面白い!
これがクリスマスツリーにぶら下がっているなんて~と・・・

        P1200163_BLOG20151128.jpg


ポインセチアならぬ、椿の花

       P1200156_BLOG20151128.jpg

もちろんティータイムも和のクリスマス!

テーブルウェアは碧先生の成人式の時の帯です。
ミントンのアンティークのティーカップとぴったり! 素敵でした~

      P1200168_BLOG20151128.jpg

      P1200184_BLOG20151128.jpg

お菓子がなんともかわいくて気分が盛り上がります。

P1200170_BLOG20151128.jpg

とっても素敵なハイカラさんのクリスマスをありがとうございました~

まだまだ盛りだくさんのお話があったのですが・・・
徳川昭武さん 使節団  ティソの絵・・・愛先生 ~~ 頭に入るのには、まだまだ時間が必要で~す
ごめんなさい。
[ 2015/11/28 23:35 ] 紅茶 | トラックバック(-) | コメント(-)

急にスコーンが食べたくなった~

突然食べたくなったスコーン。

しかも、街を歩いているときに・・・急に頭に思い浮かんだスコーン。

デパ地下に行って、スコーンを探す。

残念ながら、クローテッドクリームはあきらめる。
次の日のブランチに、フランス、ジアンのティーカップ(クレマチス)で頂きました~

     P1200092_20151123.jpg


紅茶はスリランカのルフナです。

     P1200091_20151123.jpg


[ 2015/11/25 07:00 ] 生活の彩 | トラックバック(-) | コメント(-)

両ハンドルのティーカップにトマトスープを入れてブランチ~

Emikoさまにおすそ分けで頂いたトマトスープ。

両ハンドルのティーカップで入れて、ちょっとおしゃれにセッティング。
1人ブランチを楽しみました~

     P1190962_BLOG20151115.jpg

ホワイトバランスを変えると、朝の雰囲気???
ちょっと露出が低すぎたかな・・・

     P1190970_BLOG20151115.jpg

ティーカップはローゼンタールの華やかなもの。
両ハンドルのティーカップもドイツのもののようですが、窯の名前は聞いたことない窯かな・・・

     P1190972_BLOG20151115.jpg


トマトスープにぴったりじゃないですか~
ちょっとおしゃれで素敵!

トマトスープは美味でした・・・・
やはり手作りは美味しいですね~


[ 2015/11/25 00:46 ] 生活の彩 | トラックバック(-) | コメント(-)

Emiko's French Lesson 11月

11月18日(水)

後今年も1か月半で終わりですね~

Emikoさまのフレンチレッスンも今年はこの日をいれて2回。

さて、今日はどんなメニューでしょう~

相変わらず写真が暗いです~><;

ホタテとカニの里芋巻き

P1010255_20151118.jpg


サーモンのパセリパン粉焼きねぎ風味ソース

P1010256_20151118.jpg

テーブルウェアはちょっとカジュアルなクロス。
ワインカラーとサーモンカラー


P1010254_20151118.jpg


たまたま同じような色合いの菊があったので、テーブルアレンジに。
最近は菊も素敵なものが多いです。

P1010248_20151118.jpg


来月はクリスマス料理かな~

[ 2015/11/18 23:16 ] Emikoのフレンチ | トラックバック(-) | コメント(-)