茶花色食

花を愛で、色を浴び、美味しい食事と紅茶で心のコミュニケーション

ホーム > アーカイブ - 2012年09月

さといものグラタン

午後は意外にも晴れて良いお天気だった日曜日・・
夕方に向かって、どんどん台風が近づいてくる~  といった感じの日曜日。
速度が速いので、明日の朝、東京は晴れてるかな?????

日曜日のEmiko'Cookingです~

里いもの上にのりをのせて、その上にチーズ。
グラタン風です。 美味しかった~

我が家では久しぶりの牛肉・・・ソースが美味でしたよ。
ほうれんそうとコーンの色の取り合わせがきれい!

        2012-10-01_1676_BLOG.jpg


   2012-10-01_1675_BLOG.jpg
スポンサーサイト
[ 2012/09/30 23:59 ] 料理 | トラックバック(-) | コメント(-)

サンバルソース インドネシア

私の勤めている会社のアジア+オーストラリア+日本のIT担当の拠点シンガポールにいる
Ramon-sanからサンバルソースを頂きました~

本当に優しラモンちゃん。日本のシステム開発のために約1年間(2008-2009)日本に在住していました。
英語の話せない私とはジェスチャーと筆記と日本語まじりのかたこと英語でたくさ~んのコミュニケーションをとりましたね~

サンバルとはインドネシアの香辛料でチリソースのひとつです。
超激辛を頂きました。

Emikoさまはアジアンの料理はあまりしないし、サンバルソースの辛さがよくわからなかったとか・・・

ちょっと辛かったけど、でも美味しかった~

らもんちゃん! ありがとう!

そしてお料理に使ってくれたEmikoさま! ありがとう!
2012-09-29_1654_BLOG.jpg 2012-09-29_1652_BLOG.jpg

      2012-09-29_1655_BLOG.jpg


[ 2012/09/30 23:49 ] 料理 | トラックバック(-) | コメント(-)

京都 昼食編 嵐山 松籟庵

京都に行っていたことが遠い昔のようです。

本当に久しぶりの旅行(旅行ってほどのものではありませんでしたが・・・)
お天気には恵まれました・・・

嵐山での昼食。

四条大宮から嵐電に乗って、嵐山駅へ・・・

駅の改札を降りて、左に曲がり少し歩くとそこには有名な桂川にかかる渡月橋。
奥に山が見え、青空の下、川の流れはきらきらしてました。

紅葉の季節はくれよんで色を塗ったように、緑が赤や黄色、橙色に染まるのでしょうね~
そんな秋の風景を思い浮かべながら、桂川(保津川)を山の方へ歩いて昼食をとるお店へ・・・

かなり奥まったところにあるお店。
少し山道も登りました・・・

松籟庵 というところです。

先付・かご八寸・湯豆腐・揚げ出し豆腐・ごはんと香物・ちりめんじゃこ・デザート

2012-09-23_1426_BLOG.jpg 2012-09-23_1428_BLGO.jpg

2012-09-23_1429_BLOG.jpg 2012-09-23_1422_BLOG.jpg

     2012-09-23_1430_BLOG.jpg


なんだかと~っても優雅でのんびりしていてよかったですよ~

湯豆腐のお出しがと~っても美味しくて・・・
なのに、私は一緒についていた九条ネギをかけるの忘れてしまいました~(残念!)


[ 2012/09/30 23:09 ] 生活の彩 | トラックバック(-) | コメント(-)

英国ティーカップの歴史 第2.3章 ~紅茶教室~

なんだか久しぶりの紅茶教室です・・・

今日は紅茶教室で出版された「英国ティーカップの歴史」本の中から、第2・3章のお勉強です。

ちょうど、1700年代の英国の歴史とともに、英国の紅茶と磁器について学びました。

1714年アン女王が崩御。子供がなかったため、ドイツのハノーヴァー家よりジョージ1世を迎え、
ジョージ王朝となりました。

ジョージ1世、2世はあまり英国文化には興味がなかったようですよ・・・

1700年代は英国で多くの磁器窯が創業された時代です。

そんな磁器窯で作られるティーカップをはじめテーブルウェアは、
王様の趣味嗜好によって、絵柄や素地、シェイプなど大きく変化していることを知り、
やっぱり、英国は、ティーカップ一つとっても、その歴史は奥深いな~と感じました。

素朴なウェッジウッドのクリームウェア。
新古典主義から生まれたジャスパーウェアもウェッジウッドです・・・
ジョージ4世はシノワズリー イマリパターンが流行しました。
そして、ブルー&ホワイト。 
イタリアの風景を描いた、スポード窯のブルーイタリアン
中国の風景を描いた、ウィローパターン(ミントン窯が完成させた)

     2012-09-29_1627_BLOG.jpg


そして、この時代には欠かすことのできない茶道具。
モートスプーン。
モートスプーンとは、初期の茶こしのようなもの・・・
この時代はまだ茶葉が大きかったので、ポットに直接いれて、蒸らし、ティーカップに注いでいました。
そうすると、ポットの注ぎ口に茶葉が詰まってしまうので、とがった先端で取り除き、
ティーカップに入ってしまった茶葉をスプーンで取り除くために使われたものです。

     2012-09-29_1630_BLOG.jpg

先生はモートスプーンをたくさんお持ちです。
1700年代、ジョージ王朝の時代までしか製作されていないので、かなりの高価なアンティークです。

今日のティータイムは、新古典主義のティーカップかイマリパターンのティーカップから選ばせて頂きました。

私は、自分が持っていないジャスパーウェアーで・・・

お皿はクリームウェア。ロシアの女王エカテリーナがウェッジウッドに注文したフロッグサービスの復刻版。

  2012-09-29_1625_BLOG.jpg 2012-09-29_1624_BLOG.jpg

またまたティーカップ買いたい病が始まりそう~
[ 2012/09/29 23:18 ] 紅茶 | トラックバック(-) | コメント(-)

京都 夕食編 鴨川 床 かっぱ寿司

何度も行ったことのある京都・・・

でも、鴨川の床は初めてでした・・・

場所は先斗町にあるかっぱ寿司・・・
なんか人に話すと回転寿司??って聞かれるけれど・・・
カウンターのあるお寿司屋さん・・・
そして、鴨川沿いに床があるんですよ・・・

お料理はお寿司を含む、懐石料理~かな?

      2012-09-23_1556_BLOG.jpg

          2012-09-23_1536_BLOG.jpg

              2012-09-23_1539_BLOG.jpg

          2012-09-23_1541_BLOG.jpg

     2012-09-23_1542_BLOG.jpg 2012-09-23_1543_BLOG.jpg

最後にきなこ+黒蜜のわらびもちもありました~

秋風にふかれ、美味しいものを頂きながら飲む日本酒はおいしゅうございました~

又行きたいな~
[ 2012/09/28 00:30 ] 生活の彩 | トラックバック(-) | コメント(-)