茶花色食

花を愛で、色を浴び、美味しい食事と紅茶で心のコミュニケーション

ホーム > アーカイブ - 2011年07月

ティーパーティーの舞台裏 ~紅茶教室~

ティーパーティー・・・

今の時代に優雅にティーパーティーを開くことがあまりないように思うのです。

でも、ちょっとした機会に自宅に友人を招いておしゃべりしましょう・・・

な~んてことはあるのかな???

イギリスでは、1700年後半から1800年代にかけて、貴族の持つカントリーハウスと呼ばれる
郊外の、今でいう別荘でティーパーティーが開かれることが多かったようです。

アフタヌーンティーという言葉は耳にしますが、
もともと、この言葉の大元は1840年、ヴィクトリア女王の時代、ベッドフォード侯爵夫人が始めた習慣と言われています。

        BLOG_20110731_1.jpg


そんな時代・・・
今では想像もつかないですよね・・・

電気もない、電化製品なんてあるわけない・・・
ロンドンから離れた郊外にはお店もないので、食糧だって簡単には手に入らない・・・
お客さまの数も半端じゃない・・・

そんな環境でカントリーハウスの奥さま一人で大勢のお客様をおもてなしなんてできません。
そこで、活躍するのが、執事やハウスキーパー、フットマン、パーラーメイドと呼ばれる多くの使用人たちでした。

   P1020693_BLOG.jpgP1020694_BLOG.jpg



英国が舞台になっている1800年代の映画を見ると、そんなメイドさんや執事を見ることができますね。


人をもてなすことはとても難しい・・・
もてなす・・という言葉の意味には、「心をこめて人のお世話をする」と、あります。
でも、それが自分本意の、自分だけの好みでのおもてなしではだめなんですよね~~~

私は一番大事なのは、おもてなしする人の心だと・・・そう思います。

P1020697_BLOG.jpg
                  P1020701_BLOG.jpg
<上記2枚は先生が撮影で~す>


今日のティータイムはハウスメイドになった気分でティーパーティーの舞台裏で、メイドさんたちが、打ち合わせや愚痴などを言いつつ、ミルクティーを飲みつつお菓子をつまむ・・・という設定・・・
いろんなお菓子が缶の中に・・・

P1020690_BLOG.jpgP1020691_BLOG.jpg

スポンサーサイト
[ 2011/07/31 22:22 ] 紅茶 | トラックバック(-) | コメント(-)

英国銀器と紅茶

今日は以前に受けた講座がリニューアルされて登場した「英国銀器と紅茶」
アンティークシルバーウェアって本当に美しく、豪華、優雅・・・

          IMG_7648.jpg
<この写真は2009年開催時のテーブルウェア展でのものです。今日はサロンでの写真はきれいに撮れませんでした>

とっても魅力的です。

でも・・・やっぱりお高いのですよね・・

しかし、たった1本のティースプーンでも何百年と使い続けることができるシルバーウェア。
資産価値もあり、実用性もあり、そして装飾としても使える・・・

少しお高くてもお気に入りであれば、充分価値のあるものだと・・・



純銀といっても、英国銀器は銀の割合は92.5%
7.5%は銅だそうです。

世界の国々で「純銀」と呼ばれるシルバーウェアはたくさんありますが、
純度はその国によって異なるそうです。
そして、その純度が千年もの間変わらないのは英国だけ。
シルバーギルド「ゴールドスミス・ホール」によって、すべてが管理されているようです。

こんなお話聞くだけで英国銀器にはロマンがありますよね・・・

               P1020677_BLOG.jpg

P1020675_BLOG.jpgP1020681_BLOG.jpg



[ 2011/07/30 22:39 ] 紅茶 | トラックバック(-) | コメント(-)

英国夏のお茶会~ジャスパーウェア~

今日は紅茶のサロンで先生が特別にウェッジウッドのジャスパーウェアで夏のお茶会と題して、
美味しいアイスティとサマープティング、キューカンバーサンドイッチ、マカロンでお茶会を開いて下さいました。

ジョサイア・ウェッジウッドの功績を知り、
その偉大な功績である、ジャスパーウェア。
その歴史を知れば知るほど、ジャスパーウェアの作品がいとおしくなりますね。

            P1020643_BLOG.jpg



英国のアフタヌーンティといえば、キューカンバーのサンドイッチ。
と~っても上品に美しく出来上がったサンドイッチ。
もちろん、先生たちの手作りです。

P1020642_BLOG.jpgP1020646_BLOG.jpg

ジャスパーウェアのティーカップをキャンドルフォルダーにするなんて、ちょっと贅沢ですね。
でも優雅・・・

そして、先生オリジナルのアレンジアイスティー
ニワトコ(エルダーウラワー)のシロップとミント、ライムで作られたアイスティーは
爽やかで暑い夏にはぴったりです。

グラスの下には、ジャスパーウェアのソーサーを・・・
これがまたぴったりですよね。。。
ほんと、素敵!

P1020644_BLOG.jpgP1020661_BLOG.jpg

そしてそして、なんと、サマープティングはR先生の手作り。
私は初めて頂きました。
イチゴやラズベリー、ブルーベリーがた~っぷり入っていて、つめた~く冷やされていて、
ちょっと、シャーベットかな?と思わせるような食感。
周りは食パンなんですって・・・
すごいな~
そして、美しい!

          P1020653_BLOG.jpg

先生! ありがとうございました。

夏のほんのひととき。優雅な時間でした。
[ 2011/07/24 22:43 ] 紅茶 | トラックバック(-) | コメント(-)

60歳 還暦パーティー 最高の上司

2011年7月22日(金)
最高の上司の還暦のパーティーを開催しました。

アナログテレビと一緒に引退だね~
と言い続け、あっという間にその日がやってきてしまいました。

本当のお誕生日は7月30日。

定年退職となるところですが・・・

すでに会社との契約をされ、このまま私たちの部署で働き続けることになりました。

だから、送別会・・・とはならず・・・

でも、ひとつのけじめ・・・ということで、還暦パーティーを開催しました。
はでなことをやりたくない・・ということで内輪で・・・

でも、そうもいかず、少しずつ広がり、総勢70名の方がご参加下さいました。

    P1020289.jpg

60歳。まだまだ若いです。
どうぞ、もう少し私たちに力を貸して下さいね。
よろしくお願いしま~す。



          P1020284 - コピー(0)


最近は本当に月日の流れを早く感じます。
日々大事に過ごさなくてはね・・(といっても難しいことですが・・・)

これからもたのしくやっていきましょうね!
よろしくお願いいたしま~す。

[ 2011/07/24 21:56 ] 生活の彩 | トラックバック(-) | コメント(-)

もてなす悦び展 ~三菱一号館美術館~

本日、念願の美術展に行ってきました~

行ってみたい美術館であり、そして楽しみにしていた展示。

東京丸の内にある、三菱一号館美術館
 もてなす悦び展 ジャポニズムのうつわで愉しむお茶会


     item-307.gif

今回は、米国在住の美術蒐集家ミヨコ&ジョン・デイヴィー夫妻から譲り受けたコレクションを中心に展示されていました。

欧米社会の生活の中のジャポニズム。
それはそれは見事でした。
多くの欧米人が日本の文化・芸術を熱心に学び、産業として築き上げた見事な作品ばかりです。

「おもてなし~」とあるだけに、美術館内はとっても優雅な雰囲気を感じました。

8月21日まで開催されているようなので、もう一度行ってみたいな~と思います。

P1020610_BLOG.jpg


我家でのお茶時間・・・

P1020633_BLOG.jpg
[ 2011/07/23 23:31 ] 生活の彩 | トラックバック(-) | コメント(-)