茶花色食

花を愛で、色を浴び、美味しい食事と紅茶で心のコミュニケーション

ホーム > アーカイブ - 2008年08月

銀のぶどう 期間限定?シフォンケーキ?

銀のぶどうのシフォンケーキ。
チョコレートシフォンにコーヒーゼリーやコーヒー豆のチョコレートが入ったふわっとしたシフォンケーキ。
軽くて、いくらでも食べられてしまいそう・・・
久しぶりのニルギリを淹れて頂きました?

up_IMG_6557.jpg up_IMG_6561.jpg

up_IMG_6564.jpg up_IMG_6566.jpg


スポンサーサイト
[ 2008/08/31 22:45 ] 料理 | トラックバック(-) | コメント(-)

夏のアレンジティー ?紅茶教室?

なんかここのところず?っと雨でしかも、降り方が不気味。
そんな今日、日曜日も予報は曇りのち雨。が・・・しかし、きれいな青空に入道雲。
夏の強い日差しが射していました。

そんなアイスティー日和となった本日のレッスンは夏のアレンジティーでした。
昨年に続き第2弾です。

基本をしっかり抑えて、自分なりにテーマを決め、色々なアレンジティーに挑戦する。
なかなか、楽しいかも・・・
でも、飲んでくれる人がいてこそ、やりがいがあるってもんですよね・・・
我家は誰も、好みではないようですよ。。。まあ、私はどちらかとういうと、ストレートティーが好きですが・・・
でも、おもてなしで作って頂くと、と?ってもうれしいし、おいし?い

今日の1杯目。なんと、バジルとトマト。イタリアンですね。
えっ???と一瞬思ったのですよ。実は・・・
でも、紅茶とバジルってと?っても相性がいいのですね。中に入れたトマトは爽やかさup
up_IMG_6542.jpgup_IMG_6544.jpg

さて、2杯目は・・・黒糖とシークワーサーを使ったアレンジ。こちらは沖縄・・・???
ここで、黒糖とグラニュー糖の違いを復習。
グラニュー糖に比べると黒糖は甘みが弱いので、多めに使うことがポイントとか・・・
私、黒糖好きなんだな? 黒糖だけに濃くがある???からなんですよ?
ちょっと、アイスコーヒーにミルクセーキを入れた?って感じに見えますね?
きれいなセパレート・・・お味はシークワーサーのすっぱさがきいてます???
up_IMG_6545.jpgup_IMG_6548.jpg

3杯目はスパイスを使ったアレンジテイーです。
東洋貿易の先駆者、マルコ・ポーロをイメージして考案されたとか・・・
なんと、偶然にも、私は1週間ほど前にマルコ・ポーロのことを知りたくて、本を読もうと思ったんですよ。
でも、小さい時の難しい本は私には辛い・・・そこで、子供用の偉人伝、マルコ・ポーロを選んで、読んだばかりだったのですね?
東洋が盛り込まれたアレンジティー。なんと、日本酒も入ってるんですよ・・・
甘酒のような味も感じられます。でも見た目はす?っきりですね。
up_IMG_6552.jpgup_IMG_6553.jpg



[ 2008/08/31 17:13 ] 紅茶 | トラックバック(-) | コメント(-)

絵夢 三人展 ?切り絵・アレンジメント・ガーデンインテリア?

今日は、私がフラワーアレンジメントを始めた頃の先生がご姉妹3人で開催された展示会に行ってきました。
M先生は、とっても活動的で情熱があり、そして人をとても大事にされる先生だと思います。

先生は3人姉妹の一番下。お姉さまの切り絵、ガーデニングの作品を皆さんに見て欲しい!という気持ちがとても大きく、そんなお姉さまの作品にあわせるように、先生の多彩な才能から、様々な作品をとても見事に展示されていました。

私が撮った写真なので、その見事さはなかなか伝わらないし、うまく撮れなかった写真もあるので、少々残念ですが・・・ご紹介です。

                 up_IMG_6499.jpg
上記の作品は「彼方への憧憬」という題目の立体-ドライフラワーの作品です。
追い求めても手の届かない彼方への思い・・・
先生は同じテーマで3つの違った作品を作られたそうです。
押し花の作品から始まり、それを立体にしたドライフラワーの作品。そして再度、立体額でプリザーブドの作品。先生の心はこの3つの作品を作る過程で「動」から「静」へと変化していったそうです。
左が押し花の作品。右が立体額=プリザーブドです。
         up_IMG_6505.jpg

先生のすぐ上のお姉さまの切り絵作品。10年間にわたる作品だそうです。
お姉さまの心に住む架空の「亀=雲太郎」 深い海の底で暮らす亀の雲太郎は空を飛ぶ事だできるのだそうです。地上の光を求め、飛び立ち、最後は宇宙を自由に飛び回る雲太郎。
1Fから3Fに展示されている作品にはストーリーがありました。
(残念ながら、海の底の雲太郎は上手に撮れず、宇宙を飛び回る作品の写真は撮れませんでした?
up_IMG_6516.jpgup_IMG_6524.jpg

一番上のお姉さまはガーデンインテリア。以前にガーデニングのコンテストで賞をとられたこともあるそうですよ?
写真は一部しか撮ることが出来なかったのですが、葦や小枝など、近くの土手で自ら採って、すいて、組み立てて、夏の涼を求めた、そして初秋も感じさせてくれる、そして、日本の懐かしい風景思わせるようなすてきな空間でした。
up_IMG_6512.jpgup_IMG_6513.jpg

そして、そんな空間に和紙で作られた灯り。
これは先生が創作されたものです。と?っても落ち着きますね。すてきです。
                  up_IMG_6518.jpg

        up_IMG_6503.jpg up_IMG_6502.jpg

プリザーブドフラワーでモダンなアレンジもありました。
シルバーのアクセサリーがとっても似合います。
(すぐ上のお姉さまは彫金でもすばらしい作品を展示されていました。)
up_IMG_6511.jpg up_IMG_6523.jpg

シルバーのアクセサリーも額の中に入ると、又違った雰囲気です。後ろにはリボン。その色彩が又一層の趣きを表出しています。
そして、アレンジの中の灯り。これも又アイデアですね。暖かみがあります。
        up_IMG_6529.jpg up_IMG_6530.jpg

今回の作品には、今まで何かに使えるかも・・・と、とって置いた材料を活かされたようです。
左側の作品には、割れてしまった鏡の枠を利用されたそうです。
up_IMG_6521.jpg up_IMG_6526.jpg

この作品展では、先生は多くの方々に出会い、そして色々な方々のご好意、恩恵に預かり、思いがけない人とのつながりを感じ、感謝・感激の連続だったそうです。
そんなひとつにびわの演奏がありました。私も初めて生のびわの音を聞きました。
今回は童話の弾き語り。日本では唯一、独自に活動されている平悦子さん。薩摩琵琶の演奏家です。
語りがと?っても優しく、暖かく、人の心深くに響いてくるものでした。

その息子さんは人形劇俳優 平常さん
下記は先生が平常さんの人形劇を見て、イメージされ作られた作品だそうです。
                up_IMG_6525.jpg

私もとっても感動した展示会でした。
3人姉妹。いつまでも仲良く、お元気でご活躍されることをお祈りしています。
ありがとうございました。
[ 2008/08/30 23:16 ] 生活の彩 | トラックバック(-) | コメント(-)

野菜そのまま?

土曜日の食卓。
Emikoさまの料理では珍しい。The 野菜。
なすとトマトとインゲンと茗荷。しょうがとしょうゆでつめた?くして頂きます。おいし?い!!
ほか、つくねとじゃがいもの中にこーんやいんげん、人参を入れて白胡麻でつつんだもの・・・
じゃこめしもあるよ?  こんなときでも赤ワイン・・・日本酒でもいいんだけどね・・・
up_IMG_6533.jpgup_IMG_6535.jpg

そして土曜日のスイーツは・・ ラトリエクルール36のケーキです。ここのケーキは小さくて良いですね。
味もなかなかです。
                up_IMG_6536.jpg
[ 2008/08/30 20:23 ] 料理 | トラックバック(-) | コメント(-)

本日誕生日

今日27日が私の誕生日。  (自分で祝!)
何人かの方たちからメッセージを頂きました。
有難いことです。 本当に感謝します。

自分の国じゃないのに、懸命に技術を伝え、尽くしてきたすばらしい方なのに、なぜ殺されてしまうのだろう・・・なぜ?なぜ?って不思議でならない・・・同じ人間がすることなのかな・・・?
本当に残念でならない・・・
ご両親のお気持ちを思うとなんともいえない・・・

いつもと同じ・・・それがすごい幸せであること、実感します。
(まあ、だからといって、何の進歩もないのは・・・とも思うけれど・・・)

いつもと同じ、その中で少し贅沢な夕食。
Emikoさまが誕生日用夕食を用意して待っていてくれました。
仕事で少し遅くなった食事でしたが・・・
友人から頂いたカードやプレゼントの本と一緒に・・・
そして、ティーカップは母からのプレゼント。アンティークのカップです。
飲み口がよかったです?
紅茶は自分で淹れました。

up_CIMG0441.jpg up_CIMG0452.jpg

[ 2008/08/27 23:47 ] 料理 | トラックバック(-) | コメント(-)