茶花色食

花を愛で、色を浴び、美味しい食事と紅茶で心のコミュニケーション

ホーム > アーカイブ - 2008年06月

旬の鯵と再挑戦のガスパチョ & リンデン

今日はEmikoさまが旬の鯵を使ってバジルソースと炭火焼風の野菜とともにすてきな1品を出してくれました。
そして、Emikoさまの再挑戦。ガスパチョです。
前回はちょっと酸味が強く、家族全員が「?・・・」と感じでしたが、今日のはすっきり、ぴりっとトマトの味もしっかりあり、スパイスも効いていて暑い夏にはぴったりかも・・・
ワインはブルゴーニュの有機ワインとか・・・
アルコール度数が13%。しっかりしたワインでした。
up_IMG_6165.jpgup_IMG_6167.jpg


今日のスイーツ・・・は「ジーゲス・クランツ」日本の会社ですが、ドイツ菓子のお店です。
有名なのは釜で作った釜ケーキ。
しかし、今日は「リンゲン」=シュークリームのようなものです。
あずきしかなかったので、家族全員があずき。
しっとりとしたシュー皮とふわっとしたあずきの甘さがたまらない・・・すごくおいしかったです。
紅茶は、たまには、スリランカのディンブラを・・・
結構評判でした。
up_IMG_6169.jpgup_IMG_6171.jpg
スポンサーサイト
[ 2008/06/29 21:38 ] 料理 | トラックバック(-) | コメント(-)

3種類の皮のこだわり?どら焼き

日本を代表する和菓子「どら焼き」
一瞬ポルトガル伝来のお菓子?とも思ったけれど、江戸時代初期頃から日本にはあったそうです。
とはいえ、江戸時代のそのお菓子は今のどら焼きとはほど遠いものだったようです。
現在のような形になったのは、大正時代だそうですよ?
形が銅鑼(どら)に似ているので、どらやきと言われる説もあるそうです。

初めて頂く、「桜みち」のどら焼き。
ここは3種類の皮にこだわりを持っているそうです。
洋どら、和どら、もちどら・・・どら焼きの中身とのバランスを考えた皮だそうですよ?
私はもちどらの黒胡麻きなこ。
Emikoさまは洋どらのモンブラン。
両親は和どらの小倉。
私のは胡麻ときのこの香がふんわりとして、本当に皮とあいまってつるっと溶けていくようなおいしさでした。

紅茶はヌワラエリヤを淹れました。
すっきりしたこの紅茶がぴったり!
赤い華やかなエルメスのティーカップにヌワラエリヤ。和風のデザートですが、この相反する組み合わせもおもしろいかも・・・
_upIMG_6163.jpgup_IMG_6164.jpg
[ 2008/06/28 21:40 ] 料理 | トラックバック(-) | コメント(-)

ロールケーキ ?Roll Madu?

今ってロールケーキが流行っているのかな?
一昔前の話だっけ?
まあ、いいか・・・

4種のロールケーキ。
抹茶あずき、モンブラン、紅茶、チョコキャラメルバナナです。
もちろん、紅茶はニルギリ。

ロールケーキってふわっとしていて、おいしい・・・
Roll Maduさんのは、そんなに甘くなく、あっさりめ。私は紅茶のロールケーキ。ほのかに紅茶の香。
他のより、一層あっさり。おいしかった?
20080625.jpg20080625_2.jpg
[ 2008/06/25 23:54 ] 生活の彩 | トラックバック(-) | コメント(-)

枯枝を使って? フラワーアレンジメントレッスン

2008年6月24日(火)

今日のフラワーアレンジメントのレッスンの課題は「枯枝を使って?」というテーマでした。
夏に枯枝・・・
私はなぜか海のイメージで白、青、グリーンを勝手にイメージしてました。
が、用意されていた花はひまわりやソリダコ、アリストロメリアの黄色やオレンジ。

それでも、先生にアイデアを頂き、大きなガラスのお皿で枯枝をはさんで、その下に自分で用意したオーガンジーの白と濃紺の布を敷いて、涼しげにアレンジしてみました。
真ん中に石を引いたり、まわりに貝殻を置いたり、クリスマスの季節にガラス窓に絵を描く、雪スプレーで枯枝を少し白くしてみたり・・・(ちょっと写真ではわからないですね・・・)
なかなか楽しかったです。
        up_IMG_6145.jpg


家に持ち帰ってからは枯枝はないし、夜は遅いし、持ち帰った花と家にある花器を考えながら、簡単にアレンジ。
ちょっと、花の量に比べて、器が小さかったです。
玄関の電気は白熱灯なので、黄色写りますね・・・
こんなとき、どうしたら明るくきれいに撮れるのでしょう???
            up_IMG_6150.jpg
[ 2008/06/24 23:56 ] | トラックバック(-) | コメント(-)

さくらんぼ(佐藤錦)とダージリン

母の友人からさくらんぼの王様、佐藤錦を頂きました。
と?っても甘くておいし?い! 1年に1回(???)食べられればいいほうでしょうか・・・
あえて、さくらんぼって買わないような・・・ねえ?・・・

ちょっと、うんちく・・・
佐藤錦は1922年に生まれたそうですよ?
山形県東根市の佐藤栄助翁と岡田東作翁の努力によってあま?くて、おいし?い、そしてルビーのような美しいさくらんぼが出来上がったそうです。

さて、そんなさくらんぼをダージリンのアイスティーに入れてしまいました。
もっと、工夫をして時間をかけたら、すてきなフルーツティーができるのでしょうが・・・
まあ、私ですから・・・
といっても、まあ?おいしいんです・・・
ダージリンティーにほどよく、さくらんぼのエキスが出ているような・・・
このあと、ディンブラのアイスティーにも入れてみましたが、
水色が濃くなり、ちらっと見える赤いさくらんぼの色がちょっと違う雰囲気。
そして、ディンブラの味がまろやかに甘く感じられました?(写真なし!)
up_CIMG0110.jpgup_CIMG0128.jpg
[ 2008/06/23 23:37 ] 生活の彩 | トラックバック(-) | コメント(-)