茶花色食

花を愛で、色を浴び、美味しい食事と紅茶で心のコミュニケーション

ホーム > アーカイブ - 2008年02月

ユーランダー パウダールビー

2008年2月26日(火)

なんと、な・なんと、母の友人(茶道のお仲間)が私の為にティーカップをプレゼントして下さいました。
母にはいつもと?ってもよくしてくださる方です。
私たち姉妹にも、ケーキを買って下さったり、クリスマスプレンゼントを下さったり、本当にいつもいつもお心遣い頂いてます。
up_P2260063.jpgup_IMG_5069.jpg


ウェッジウッドの「ユーランダーパウダールビー」です。
ユーランダーは1903年、セオドア・ルーズベルト米国大統領の時代に、ホワイトハウス用のディナーサービスとして特注依頼されたデザインを元に製作されたシリーズだそうです。

ちょっと高級感のある品のいいティーカップですよね?
ル・ノートルのケーキも頂いたので早速頂きましたよ?
今日は妹がニルギリを淹れてくれました。
本当にありがとうございました。 おいしかった?
up_P2260071.jpgup_P2260064.jpg
スポンサーサイト
[ 2008/02/26 22:51 ] 生活の彩 | トラックバック(-) | コメント(-)

世界らん展日本大賞2008

20088年2月25日(月)

東京ドームで開催されている「世界らん展日本大賞2008」を見に行ってきました。
東京ドーム内がらん・らん・らんの世界です。
_IMG_5057.jpgup_IMG_5062.jpg

蘭?という花は東洋のイメージ、熱帯地方の花のイメージ、そして私の中では宇宙の造形?花っていう感かな・・・
オンシジューム、デンドロビューム、シンビジューム、コチョウラン、カトレア、エビネ、などなど、蘭の種類は多数。華やかだったり、質素だったり、ロマンチックだったり、神秘的だったり、時にはおどろおどろしい感じもしたり、蘭の顔がそれぞれで見る人によって違うような気もします。
up_IMG_5068.jpgup_IMG_5066.jpg
up_IMG_5063.jpgIMG_5081.jpg


反物がすべてデンドロビュームで、花嫁の白無垢もデンドトビュームで・・・
なんとすてきなんでしょう!
up_IMG_5029.jpgup_IMG_5031.jpg


各国の蘭のおもてなしと称して、大使館夫人のおもてなしの蘭?
紅茶の世界にはまっている私は、蘭よりモロッコのテーブルウェアのサモワールに目がいったりして・・・そして右側はケニアの蘭のおもてなし。ケニアにも紅茶があるんですよ?
        IMG_5052.jpgup_IMG_5054.jpg


土曜日には着物の世界で「色」を感じました。穏やかな、優しい色です。
そして、今日のらん展でも「色」を感じました。エネルギッシュでもあり、我慢強さでもあり、控え目でもあり・・・花の顔の持つ色たちに・・・
らんが好きとか好きじゃないとか、それはともかくとして、蘭には鮮やかなやた?くさんの色があります。それを見ているだけでも元気になるように思います。
人は気づかないうちに「色」というものに癒されているんですよ・・・

宇宙のような花?と蘭を思う私。
今日の展示に蘭の中に桜の木がアレンジされていました。
そんな桜の花に大勢の人が「いいねえ?桜・・・」という声。
目いっぱい、心いっぱい、あふれんばかりのらんの花の中で桜の和やかな優しい花が人の心をひきつけたのかも・・・・・
(実は私は蘭より桜の花、風情が好きです・・・)
[ 2008/02/25 23:48 ] 生活の彩 | トラックバック(-) | コメント(-)

Emikoさまの誕生日

2月23日?この日は妹?Emikoさまの誕生日です。
そうです。今の皇太子様と同じ日なのですよ。
今日(24日<日>)は妹自らお料理を作り、誕生日会でした?
up_IMG_4987.jpgup_IMG_4990.jpg

とっても春らしいお料理です。魚はさわら? 春の魚と書いて鰆です。
にんじんのソースがまた美しい?
up_IMG_4986.jpgup_IMG_4985.jpg

ワインは妹が頂いたシャブリです。
花は私からのプレゼント(いや、ちゃんとすてきなブレスレットをあげましたが・・・)
up_IMG_4989.jpgup_IMG_4988.jpg


ケーキはアンジェリーナのモンブラン。バースディーには珍しいかな?と思って選びました。
母も大好きなので・・・(私は甘さがちょっと・・・)
up_IMG_4995.jpgup_IMG_4996.jpg


紅茶はみんなが好きなアッサムを濃い目に淹れました。
up_IMG_4999.jpgup_IMG_4998.jpg

up_IMG_4997.jpgup_IMG_5002.jpg
[ 2008/02/24 22:39 ] 料理 | トラックバック(-) | コメント(-)

フルーツティ ?紅茶教室?

2008年2月24日(日)

今日の紅茶教室でのレッスンは「フルーツティ」でした。
フレーバードティといって、市販のティーバッグや粉末ティーにはよく、レモンティやアップルティなど、果物の香のする紅茶があります。
もちろんそんな紅茶を飲んだこともあります。
(そういえば、会社にはパイナップルティ、バナナティ、ブルーベリーティなど、外国のお土産のティーバッグがあって飲んでますね?)

今日はフルーツティの楽しい実験のようなレッスンでした。
オレンジの皮のみ・果肉のみ・皮+果肉の3種で紅茶を淹れる。
苺のみ・苺+オレンジ・苺+バナナ・苺+キーウイの4種を淹れる。
そして、お砂糖とミルクをプラスしてみる。

フルーツティはなかなか砂糖の効果というのが大きく、果物の香や味が一層強く増すことがわかりました。
又、オレンジにミルク?なんて意外に思っていた組み合わせがとってもおいしかったり・・・
色々なおいしい発見があって、和気あいあいの楽しいレッスンになりました。
up_IMG_4974.jpgup_IMG_4975.jpg

up_IMG_4982.jpgup_IMG_4983.jpg


オレンジのような柑橘類の皮には渋みの成分、果肉にはクエン酸?酸味の成分があるので、その使い方によって、紅茶の水色や香、味が違うのですよ?
色の違い、わかりますか??
up_IMG_4978.jpgup_IMG_4984.jpg

ミントンのデミタスカップ、かわいい?
私も欲しいよ?
よく紅茶飲みましたよ?ごちそさまでした・・・
[ 2008/02/24 22:16 ] 紅茶 | トラックバック(-) | コメント(-)

日本の宝はた?くさん

2008年2月23日(土)

藍染を天職としている友人が帯を染め、日本の文化・心を大切にする香川県高松にある呉服店「や和らぎ たかす」さんにお買い上げ頂き、なおかつ、明日まで開催されている銀座清月堂画廊での展示会に出展されている事を聞き、観にいってきました。
up_IMG_4956.jpgup_IMG_4954.jpg


染め・織・ししゅう?それはそれは丁寧な、心のこもった美しい作品ばかりです。
正直言って、私は日本の文化、心、そして着物や帯、染めや織物のことは何も知らず、「無知」状態。
「三代目です!」と自己紹介を頂いた店主の方に丁寧な熱い思いのこもったご説明を頂き、ひとつひとつの作品の美しさが尚一層感じられました。
日本ししゅうや織のすばらしさもとても感動したのですが、私は着物、帯の「色」が何より美しいことに心惹かれました。心やすらぐ、日本ならではの色。
日本人は他の国の人より色の違いを見分ける事のできる力があるそうですよ。

友人の帯は麻を染めたものなのですが、店主の方がおっしゃるには、麻でも1年中楽しんでもらいたい・・・と・・・
友人のセンスや心、丁寧な仕事に惚れて、応援したい!とのお言葉を頂きました。
        up_IMG_4952.jpgup_IMG_4958.jpg

店主の方がおっしゃるには、ゆったりとした時間の中で「もの」を観ないと、本当の良さ、本物良さを感じる事はできないですよ・・・とのこと。
今、現在、東京はあまりに時の流れが速すぎる。情報はたくさんあっても、「生きていない」というようなお話を聞きました。
心がちくちく・・・頭の痛いお話です。

銀座からの帰り、強風のため、電車があちこちで止まったり、遅れたり、家に帰りつくのにいつもの倍ぐらいかかって、帰りました?
妹のおいしい手料理の後、銀座土産のケーキで紅茶・・・
都会で生きていても、のんびり癒される時間はあるものです。
今日は初めてのお店のケーキ。京都先斗町からフランスの香。
PONTOのケーキです。 普通のケーキの半分ぐらいの大きさ。おいしさは・・・???って感じでしたが・・・
紅茶はアッサム、ニルギリ、キャンディのブレンド。
up_IMG_4962.jpgup_IMG_4960.jpg

up_IMG_4965.jpgup_IMG_4969.jpg
[ 2008/02/23 23:10 ] 生活の彩 | TB(0) | CM(0)