茶花色食

花を愛で、色を浴び、美味しい食事と紅茶で心のコミュニケーション

ホーム > アーカイブ - 2007年11月

フラワーアレンジメント ?クレッセントアレンジ? インテリアに?

2007年11月27日(火)

今日はクレッセントアレンジの逆向きバージョン。
私にとっては、あまり得意ではない型ですが・・・
今日はお花がたくさ?ん。と思ったら先生が個人で買われた花を寄付して下さいました。
せんせ?い!ありがとうございました?
もう何年もレッスンを受けているので、基本形を保ちつつ変化をつけて!といつも先生に言われて、いつもその変化に悩む私です。ほんと、むずかし?いいい!!!
そして出来上がったのが下の写真。
表と裏・・・どっちがどっち?
私はスプレーマム側がお気に入り。
         up_IMG_4186.jpg

         up_IMG_4188.jpg


さて、今日も家に帰ってから、やり直しアレンジ。
ちょっとオアシスが穴だらけで、チューリップがささりにくい・・・
レッスンでは減らしたカーネーションを「もったいない?」と無理やり挿しこむ。
まあ、いいか。。。で終了。
でも、お部屋は豪華に明るくなりましたよ?
部屋が暖かいせいなのか、チューリップもストロベリーキャンドルも今は上向いてます。
                up_IMG_4202.jpg
スポンサーサイト
[ 2007/11/28 21:35 ] | TB(0) | CM(0)

ビクトリア朝時代のクリスマス ?紅茶教室?

2007年11月25日(日)

穏やかな秋の1日。
3連休最後の今日は紅茶のレッスン。ビクトリア朝時代のクリスマス。
日本、東京の街もすでにクリスマス一色に染まっていますね。
秋の紅葉とクリスマス・・・日本は四季があるから、その季節をじっくり味わう間もなく、次の季節がやってきます。うれしいような、寂しいような・・・

サロンには大きなクリスマスツリーが飾られていました。
先生曰く、やっぱり、クリスマスは「赤」。今年はゴールドの縁取りが豪華な赤いリボンが特徴だそうです。
        up_IMG_4159.jpgup_IMG_4165.jpg

今日のレッスンは午前10時から、朝の光が射し込むサロンのクリスマスツリー。太陽の光が射し込み又、少し違った雰囲気。やっぱり、クリリスマスツリーって夜とか、雪の日とか、外が暗い世界にマッチしているのかしら?
up_IMG_4163.jpgup_IMG_4162.jpg


イギリスに「クリスマス」という習慣が始まったのはビクトリア朝時代だそうです。
現代の日本でもクリスマスシーズンに行われている様々な習慣が160?70年前にイギリスで行われていたのですね。
クリスマス発祥は有名ではありますが、ドイツだそうです。ビクトリア女王の夫であるアルバートはドイツ出身です。ご結婚された1840年、愛する奥様にご自分の国の楽しい習慣をプレゼントされたのでしょう・・・
up_IMG_4166.jpgup_IMG_4161.jpg


私はあまりよく知らなかったのですが、イギリスでクリスマス?というと、「クリスマスプティング」とか、「ミンスミートパイ」というのが有名だそうです。
この食べ物の名前から、プティングはプリンを想像し、ミートパイは、そのまま肉の入っているミートパイを想像していましたが、実はどちらも違っていました。
どちらかといえば、私が苦手なお菓子かも・・・
up_IMG_4175.jpgup_IMG_4176.jpg


紅茶の世界では「クリスマスティー」が有名ですね。
茶葉にスパイスを入れてアレンジしたもの・・・今日はレッスンの後にオリジナルのクリスマスティーを作らせて頂きました。
up_IMG_4156.jpgup_IMG_4167.jpg


今日はサロンオリジナルのミンスミートパイを頂きました。そして、先生お手製のモルドワイン。モルドワインとは、紅茶と同じく、赤ワインにスパイスを入れて暖めたホットワインのことです。甘くて、身体が温まります。
up_IMG_4174.jpgup_IMG_4173.jpg


ビクトリア時代のクリスマスは静かで質素なものだったそうです。
さて、2007年我家のクリスマスはいかに・・・
[ 2007/11/25 21:21 ] 紅茶 | TB(0) | CM(0)

帰ってきたティーポット

2007年11月23日(金)

北風の強い冬晴れの1日。
大学を卒業して初めて勤めた会社でお世話になった方の米寿を祝う為にランチにご招待しました。
88歳とは思えないほどお元気で前向きで今でもバイオリンの演奏をされているそうです。まだまだ夢をもっていらして、本当に頭が下がります。ご一緒したもう一方、いつもたいへんお世話になっている方ですが、この方は74歳。まだまだ頑張って頂かないと・・・
up_IMG_4119.jpgup_IMG_4122.jpg


さて、今日、修理に出していたシルバーのポットが一段と美しくなって帰ってきました。このお店-「アンティーク?ティータイム」の店長さんはと?っても優しい、穏やかなすてきな方です。シルバーアンティークをこよなく愛し、たくさんのお話を聞かせて下さいます。
私のティーポットにも愛情をもって対応して下さり、さらに何百年も使い続けることができるよう修理しておくね?と言って下さいました。
その通り、と?ってもすてきに輝きを増して、私の手元に戻ってきました。
早速、紅茶を頂きました。
が・・・写真がきれいに撮れなかったので、もっときれいに撮れるまで挑戦します。
up_IMG_4154.jpgup_IMG_4152.jpg


そうそう、今日はボージョレーヌーボーの第4段だったのです・・・
妹の作った鶏肉の料理。すご?く柔らかくて口に入れるととろけるようでした。ワインにぴったり・・・
(でも、今日はお昼にたくさん頂いたので、あまりおなかがすいていなく・・・残念・・・)
up_IMG_4126.jpgup_IMG_4151.jpg

[ 2007/11/23 22:43 ] 料理 | TB(0) | CM(0)

フラワーアレンジ ?パラレル?

2007年11月20日(火)

久しぶりの花のレッスン
冬が突然やってきた東京。今日は昨日に比べたら暖かい。
そんな日。レッスンでの花は春満開???
と、思わすような花たちです。
ま?るい器にパラレルにアレンジ。
すっきりさわやかに・・・優しいお庭のイメージかな・・・
         Iup_MG_4110.jpg

家に帰ってから、お客様お迎え用に玄関に再アレンジ。
同じような器もない!なんて言い訳しつつ。。。
夜も遅いので、ちゃちゃっとやってしまうので、ちょっと手抜きですかね??
下の方がちょっと詰まってしまいました?
でも家族はやっぱり春らしく、かわいらし?い?、と言ってくれまし
 up_IMG_4112.jpg

[ 2007/11/21 00:17 ] | TB(0) | CM(0)

第3段 ボージョレーヌーボー

2007年11月18日(日)

今日は妹のフレンチの試作品の日。
ボージョレーヌーボーの第3段。少し高めのワインです。
ヌーボーは「新しい」=「新鮮」というだけあって、すぐ飲むのがいいのですよね?
香が豊かですっきりしているのが私の好みです。
今日はフレンチ試作品。鶏のむね肉でおいし?い具を巻いたもの。
その「おいし?い具」が何かは私にはよくわからないのですが・・・
ソースも野菜がいっぱいでしつこくなく、あっさりめの肉料理がボージョレーヌーボーには合うのかも・・・
up_IMG_4101.jpgup_IMG_4100.jpg

カイザーのパンと新宿「炭の家」のパンもおいし?い。
いちじく、くるみ、葡萄、さくらんぼ、オニオン、チーズ等等、パンだけでもワインにぴったりですよね?
ワインは有名なジョルジュデュブッフ
up_IMG_4103.jpgup_IMG_4102.jpg

食後は和風ケーキ。叶匠寿庵の和三盆ロール。
この柔らかい甘さがたまらない。
             up_IMG_4105.jpg

[ 2007/11/18 22:31 ] 料理 | TB(0) | CM(0)