茶花色食

花を愛で、色を浴び、美味しい食事と紅茶で心のコミュニケーション

ホーム > アーカイブ - 2007年05月

リング+ハンドタイ 花束ブーケ

2007年5月29日(火)


爽やかな日が続いていますね。
さて、今日のフラワーレッスンはブーケです。
ワイヤーで輪を作り、そのまわりにアイビーを巻きつけ、その中にスパイラルに花を束ねていく、花束風ブーケです。
花の色や種類に悩みつつ、思うように束ねることができず、四苦八苦しながら作りました。
出来上がりはすてきなのに、写真に写すとよく写らないわ?と先生がおしゃっていましたが・・・写真とは「真実」を写すのだから・・・と思いつつ、やっぱり花束ブーケなのだから、手に持った写真を選びました。私はなかなか好きです。黄色の薔薇が鮮やかでとってもすてき!
今日も又、自己満足です。
    up_IMG_3165.jpg

    up_IMG_3168.jpg

家では、そのままブーケとしては飾ることはできないので、束ねた花をばらばらにして、器に輪のアイビーを載せて、その中に花を挿していきました。玄関がとっても華やかになって、明日お見えになるお客様もきっと喜んでくださると思います。
    up_IMG_3182.jpg

さて、今日も余った花や頂いた花を部屋のあちこちに飾ります。
白い薔薇。高貴な感じがしますよね?。他の生徒さんがブーケで短くカットしたものを頂いてきました。小さいガラスの花瓶にアイビーと共に・・・
すずらん?なんて珍しい?(レッスンで花材で入っているのが・・)
可憐でかわいいですよね?
最近あまり、レッスンでは使わなかったカスミソウ。アレンジにはとても使いにくい花材ですが、カスミソウだけで飾るのもすてきですよね。
父がゴールデンウィークに信楽で買ってきた「信ちゃん」といっしょに・・・
    up_IMG_3184.jpgup_IMG_3187.jpgup_IMG_3188.jpg

スポンサーサイト
[ 2007/05/29 23:11 ] | TB(0) | CM(0)

WEDGWOODのHATHAWAY ROSE

2007年5月27日(日)

ここ2日間、黄砂が日本を覆いましたね?
なんとなく、空が曇っているような感じがしました。
それにしても暑い休日でした。
明日はぐ?んと涼しくなるらしいですが、本当に気温の変動が激しい!

さて、今日は叶 匠寿庵の小豆ロールを頂きました。紅茶はヌワラエリヤの新茶。お代わり用に久しぶりのキャンディを淹れました。
そして、ティーカップはWEDGWOODのHATHAWAY ROSEというティーカップを使ってみました。
なかなか珍しい柄です。(と、私は思うのですが・・・)WEDGWOODにはまだまだ、色々な薔薇の絵柄のティーカップがあるようです。
見つかるかな・・・
季節は薔薇の季節ですね。本物の薔薇が見たくなりました?
up_P5270269.jpgup_P5270266.jpg

[ 2007/05/27 23:10 ] 生活の彩 | TB(0) | CM(1)

文明開化と紅茶 ?紅茶教室?

2007年5月26日(土)

今日の紅茶教室での講義は「文明開化と紅茶」です。
文明開化とは、江戸時代を通じて長い間続いてきた封建制色の濃い日本文化を打破し、欧米の文化・風俗の模倣・生活様式など、西洋文化を積極的に取り入れたことをいうのだそうです。
1868年が明治時代の始まり。
この時代を象徴する言葉として有名なものに「散切り頭を叩いてみれば、文明開化の音がする」なんて言葉が思い出されますね。私の文明開化の知識なんてそんなものです。
イギリスにおける産業革命のようなものですね。
西洋風の建物が建てられ、街にはガス灯が灯り、新橋、横浜間に鉄道が開通し、人々は洋服を着るようになっていった、そんな写真や絵を教科書で見たような・・・
そんな文明開化と同時に紅茶も初めて日本にお目見え。
明治初期に政府によって建てられた、外国人を接待する為の建物-鹿鳴館(明治16年-1883年)でお客様にお出しする飲み物として輸入されたそうです。
下記左側の写真は日東紅茶の昔昔の広告。
右側は明治維新?文明開化の時代の雰囲気をかもし出す、テーブレルセンター。
なんと、これは、先生が成人式のときに着られた帯をテーブルセンター用にリメイクされたものだそうです。こんな心温まるおもてなしがすてきですね?
up_IMG_3145.jpgup_IMG_3146.jpg

今日の紅茶のお供はカステラ。
カステラといえば、長崎?、そしてポルトガルから伝えられたお菓子?と思い出すほど有名ですね。
ところが、カステラってスペイン生まれらしいのです。カステラという名称もスペイン地方のカスティリャ王国が語源のようです。日本にやってきたのは、室町時代末期 南蛮船に乗ってやってきたポルトガル人によって長崎に伝えられた?というのは有名なお話。
日本で最初にカステラを食べた有名人は織田信長であるとの説もあるそうですよ?その当時のカステラってどんなお味だったのでしょうね?
今日のサロンでのカステラはスタッフのえりこさんが何度も試作品を作り、やっとの思いで先生方に認められた、明治時代のレシピでのカステラなのです。これが手作りだなんて、本当に信じられないくらい見た目も美しく、おいしかったです。
お会いできませんでしたが、「えりこさん!ごちそうさまでした」
up_IMG_3147.jpgup_IMG_3154.jpg

プレートは七宝焼きです。七宝焼きって最近の家ではあまり見かけないですよね?銀座4丁目あたりに専門店があり、ウインドウ越しには時々見ますが・・・七宝焼きとはどんなものかをインターネットで調べたら、次のように記載されていました。
「金、銀、銅などの金属製の下地の上に釉薬(ゆうやく:鉱物質の微粉末を水とフノリでペースト状にしたもの)を乗せたものを高温(800度前後)で焼成することによって、融けた釉薬によるガラス様あるいはエナメル様の美しい彩色を施すもの。」
そして、先生特注のアウガルテンの「赤」のマリアテレジアのお湯呑み。通常版の緑色もすてきだけれど、この特注品の赤も品があって落ち着いた感じで茶たくにもぴったり。すてきですね?。
up_IMG_3152.jpgup_IMG_3151.jpg

今日の紅茶はセイロンティー(現在はスリランカといいますが、当時はまだ「セイロン」と言ってましたね。)
私は、「ヌワラエリヤ」の新茶を選びました。
手作りのカステラはあま?い香がして、食感はしっとり柔らかく、ほどよい卵の味がして本当においしかったです。2個ぺろっと頂いてしまいました。ごちそうさまでした?
up_IMG_3149.jpgup_IMG_3157.jpg

[ 2007/05/26 17:34 ] 紅茶 | TB(0) | CM(0)

受胎告知?レオナルド・ダ・ヴィンチ展

2007年5月24日(木)

レオナルド・ダ・ヴィンチ展を見に東京国立博物館に行ってきました。
平日だとういうのに、たくさんの人が鑑賞していました。
私は、NHKの迷宮美術館という番組(再放送)でレオナルド・ダ・ヴィンチの特集を見たので、開催されている展覧会をぜひ、見たいと思い行ってきました。
今回は「受胎告知」が日本初公開なのです。
レオナルド・ダ・ヴィンチは1452年、「ヴィンチ」という名の小村に生まれ、13歳の頃、ヴェロッキオの工房に弟子入りしたそうです。
20歳で初めて単独で手がけたのが、今回初来日した「受胎告知」だそうです。
ダ・ヴィンチは天文・自然・人体・建築・飛行等々、あらゆる面で興味を持ち、その研究に力をいれ、様々な視点から新しい説を唱えていった人で、単なる「画家」とは違うのですね?
NHKの迷宮美術館で、ダ・ヴィンチの生い立ちや思考を聞いてから美術館を鑑賞したので、絵を観る視点が違うことが自分自身でよくわかりました。
今日もすがすがしい5月の風に吹かれて上野の森をのんびり歩きました。
自分が全く知らないダ・ヴィンチの世界を知って、天才の実像を思い知った感じです。正直いって、美術館の鑑賞は難しくて、途中で疲れてしまったのが事実です。(
up_TS2A0100.jpgup_TS2A0101.jpg

今日は甘い物は控えなくては?と思いつつ、上野駅に近づくと、スティックケーキ?なんて看板を見て、色とりどりに並ぶきれいなケーキを見たら買わずにいられなくなりました。
ラトリエ・クルール。4月23日にオープンしたばかりの神戸発のケーキ。宝石箱のようなショーケースには、いつも36種類以上のケーキが並んでいるそうです。実際買う時はと?っても迷いましたが、並んでいる人を気にするあまり、あせって、ぱぱっと購入し、待っている間に後悔して・・・人数より倍の数量を購入して、それなりに満足している私です。少量なので、色々な種類が食べられ、お味は濃厚ではなく、さっぱりしたお味なので3つぐらいは食べられるのかも・・・
up_P5240261.jpgup_P5240259.jpg

今日はダージリンのファースト(春摘み)とオータムナル(秋摘み)の両方を淹れました。(もう茶葉はありませ?ん)
母も妹もオータムナルが好みのようでした。
ファーストは香が強すぎるようです。二人にも茶葉の色を見せたのですが、全然色が違うのですよね?ファーストは青々した青葉のお茶で抽象的な表現で言えば、「若い?青い」味なのです。
まあ、その年の気候にもよるのでしょうけれど・・・
[ 2007/05/24 21:35 ] 生活の彩 | TB(0) | CM(0)

青葉の庭園

2007年5月23日(水)

今日は数年ぶりで高校時代の友人に会いました。
何年も会わずとも、会った瞬間からいつも会ってるように話がはずむのが学生時代の友人です。
今日はお天気がと?っても良かったので、そんな彼女と散歩がてら、小石川植物園と六義園に行ってきました。
たくさんの種類の木々があり、都会のオアシスです。お茶の木もありましたよ。原産:中国 カメリア・シネンシスと書いてありました。
本当に気持ちよかったです。
上が小石川植物園にある日本庭園。下が六義園です。
     up_ML_TS2A0096.jpg
     up_TS2A0099.jpg


今日の夜のデザートはベーグル&ベーグルのスティックチーズケーキです。
苺味の季節限定はおいし?い。ダージリンのファーストフラッシュと共に・・・
up_P5230245.jpgup_P5230250.jpg

[ 2007/05/23 23:10 ] 生活の彩 | TB(0) | CM(0)