茶花色食

花を愛で、色を浴び、美味しい食事と紅茶で心のコミュニケーション

ホーム > アーカイブ - 2007年02月

Happy Birthday! Emiko

2007年2月25日(日)

妹は皇太子様と同じ誕生日。2月23日です。
今日は、妹が自分の為に作ったお誕生日メニュー。
up_IMG_2489.jpgup_IMG_2488.jpg

色がと?ってもきれいです。
ほたてや海老の下にはたけのこと菜の花があり、春の雰囲気を感じさせます。
そしてお肉の周りには色とりどりの野菜が・・・

ミモレットのチーズにアンチョビがきいているオリーブ。枝付の干し葡萄。ワインのお供です。
up_IMG_2491.jpgup_IMG_2493.jpg

今日のワインはフランスの5大シャトーのシャトーラトゥールの赤ワインとモエ・エ・シャンドンのシャンパンでした。
(頂きものです。なかなか買っては飲めません。)
up_IMG_2496.jpgIup_MG_2504.jpg

Happy BirthdayのケーキですQED パティストリーのハートのケーキです。 かわいい?
ティーカップはフランスリモージュ焼き。紅茶はニルギリです。
up_IMG_2502.jpgup_IMG_2503.jpg

スポンサーサイト
[ 2007/02/25 22:51 ] 料理 | TB(0) | CM(0)

ドイツ-ドレスデン ?紅茶教室?

2007年2月25日(日)

寒い日でした?
そんな1日、紅茶教室でのレッスン内容は、「ドレスデン?陶磁器紀行」でした。
ドレスデンはドイツのどこかの街であることは知っていましたが、
ドイツのどの辺にあり、どんな歴史を持った街かは知りませんでした。
ドレスデンは昔、昔のザクセン王国の主要都市でした。
ドイツのエルベ川沿いの盆地に位置する温暖な丘陵地帯。
1945年2月13日?14日にかけての英米軍の空襲により、市街地の大部分が爆撃され、建築文化財のほとんどが焼失され、その復興、再建は現在でも続いているそうです。
Frauenkirche zu Dresdenという聖母教会は2005年10月30日に再建が完成し、これを祝う式典が行われたそうです。
磁器の世界では、ドイツといえば、アウグスト強王。
この王様が住んでいた場所がドレスデンです
有名なツウ”ィンガー宮殿は、ドイツのバロック建築の傑作といわれているそうです。
中には、古伊万里や柿右衛門など、日本の磁器がたくさん飾られています。アウグスト強王の日本や中国への憧れがどれほどのものだったのか・・・というのがよくわかります。
その他にもた?くさん見所があるそうで、いつものことながら先生のお話には吸い込まれます。
先生は実体験でもあり、又、よく勉強もされています。
ほんと、感心です。頭が下がります。
今日も本当に楽しかったです。

下記の写真はアウグスト王がマイセンの磁器を運ぶ為に作らせたパンなのです。
お役目でドレスデンを離れる事のできないアウグスト王が磁器工房の様子を家来に伝えさせていました。しかし、その家来がマイセンに行くと、常に美味しいマイセンワインの誘惑に負け、ぐでんぐでんになって帰ってくる。強王がせっかく色々なことを聞こうにもまったく役に立たないので、困ったあげくに考えたのが、このお菓子?フンメルなのです!
王様がこのパンが大好きであることを知らせ、大事に持って帰る事を命じられた家来たちは、この、壊れやすい繊細に膨らんだパンをマイセンで受け取り、それを壊さないようにドレスデンに持って帰らなければなりませんでした。そうなると、お酒(ワイン)を飲んで酔っ払ってはいられません。ゆえに大事に磁器を持ち帰り、王様に磁器工房の様子を伝えることができた?と言うわけです。
楽しいお話があるものですね。               
              up_IMG_2481.jpg

今日の紅茶はドイツ人が愛してやまない「ダージリン」
先生がおっしゃるには、ドイツは紅茶がおいしいのだそうです。
スウィーツはシュトーレン。ドレスデンが発祥のお菓子です。
そして、ティーカップは皆さん、ドイツの窯のもの。
私はローゼンタールのシックな色あいですが豪華な美しいものでした。
up_IMG_2486.jpgIup_MG_2482.jpg

左側のプレートはSPドレスデンのもの。
SPドレスデンは1873年創立で作風はロココ調が中心。
日本ではなかなか手にはいらないそうです。
up_IMG_2487.jpgup_IMG_2399.jpg

[ 2007/02/25 22:14 ] 紅茶 | TB(0) | CM(0)

ブルーイタリアン

北風ビュービューの冬らしい1日でした。
花粉症の人にとってはちょっと辛い日かな?
かくいう私もそうなのですが、いつもの年よりひどくないかな?
でも、やっぱり、鼻づまり、くしゃみ、鼻水、目がかゆい等々、
症状は発生してますね?
紅茶を淹れた時のポットに残る茶葉からあがる湯気を吸うと
なぜだか鼻が調子いい・・・効いてるかも・・・
今日はスポードのブルーイタリンのティーカップでチーズケーキを頂きました。
ブルーイタリアンは1816年に発表され、中東の風景や建物を銅版の転写技術を活用して作られたものだそうです。
原画はオランダ人画家、フレデリック・デ・モウヘロンの手によるもの。
紅茶はディブンラとキームンのブレンドにほんの少しのジンジャーを入れてみました。(家族は気付かなかったようです。)
おいしかったです。
        20070225011106.jpg

[ 2007/02/24 23:58 ] 生活の彩 | TB(0) | CM(0)

花いっぱい

今、部屋には花がいっぱいです。
先週の花レッスンとおとといの花のレッスンで使わなかった花たち。
色々な花器に挿して飾っています。
たった一輪でも花があると癒されます。和みます。
部屋の花たちにズームイン!
up_IMG_2448.jpgup_IMG_2433.jpgup_IMG_2453.jpg

このカーネションは大きくてとってもすてきな香がします。
バラの色はシックなピンクですよね?
up_IMG_2444.jpgup_IMG_2435.jpg

私はグリーン(葉もの)や実ものが大好きです。
up_IMG_2451.jpgup_IMG_2441.jpg

[ 2007/02/22 23:59 ] 生活の彩 | TB(0) | CM(0)

千葉県佐倉のさくらまんじゅう 

2007年2月21日(水)

今日は母のお茶のレッスン日。
かわいらしい、すてきなお干菓子の桜・・・
食べるのがもったいない?
そして、頂き物ですが、千葉県佐倉市のさくらまんじゅうです。
紅茶はヌワラエリヤを淹れてみました。
               up_IMG_2454.jpg

up_IMG_2455.jpgup_IMG_2456.jpg

桜の花の香・・・というと、桜餅を思い出しますよね。
このおまんじゅうもふわっと桜の香がしました。
そんな桜の甘い香は桜の葉に含まれるクマリンという成分の香だそうです。桜って300種類以上あるそうですが、この香を持つ桜は大島桜の葉。但し、クマリンは塩漬けにし糖分が分解されることによって、香の成分が生成されるそうです。だから、街の中では花や葉からはほとんど香がしないそうです。

 世の中にたえて桜のなかりせば 春のこころはのどけからまし
                   by在原業平
[ 2007/02/21 23:46 ] 生活の彩 | TB(0) | CM(0)