茶花色食

花を愛で、色を浴び、美味しい食事と紅茶で心のコミュニケーション

ホーム > アーカイブ - 2006年10月

ハロウィン 小さなかぼちゃ

2006年10月31日(火)

今日はハロウィンですね?。
だからといって、何があるわけではありませんが・・・
日本の冬至にかぼちゃを食べる・・・
とは違いますが・・・
妹が今日は忙しくて、ハロウィンをいかすお料理ができなかった?
と・・・ 裏ごししたかぼちゃを小さく丸めて、皮で顔をつけた
小さいかぼちゃを付け合せにつけてくれました。
妹の希望により、登場させます。
   up_ML_TS2A0045.jpg

スポンサーサイト
[ 2006/10/31 11:59 ] 生活の彩 | TB(0) | CM(0)

今日の我家は早くも鍋?しゃぶしゃぶ?

2006年10月29日(日)

今日は天気予報では寒くなる???とのこと・・・
ところが?東京はと?っても暖か・・・
私など、荷物をもって早歩きで歩くと汗かくくらいでした?
そんな中、我家の夕食は早くも鍋?しゃぶしゃぶ?
鍋は戦いであり、写真をとるどころではありません。

今日のデザートの紹介のみです。
タカノフルーツパーラーのマロンのシフォンケーキです。
紅茶はルフナティー。
        up_IMG_1194.jpg

up_IMG_1198.jpg

[ 2006/10/29 22:32 ] 料理 | TB(0) | CM(0)

紅茶教室 ?チョコとペアリング?

2006年10月29日(日)

今日の紅茶教室では、チョコレートにあった紅茶はどんな紅茶?
というのがテーマでした。
レッスンはチョコレートの歴史から・・・
チョコレートの元祖は南米。
その名を「テオブロマ・カカオ: 神の食べ物」と言うそうです。
なぜ、神の食べ物か・・・
カカオを溶かすとその色は血の色に似ていました。
人間の血?生きる?生命そのものだったように思います。
そして、その味は苦く、とても高価であった為、一般庶民には手が届かないものだったようです。
そんなことを考えると、「神の食べ物」と呼ばれる意味がわかりますね。
チョコレートの主な成分は?
砂糖、カフェイン、テオブロミン、ポリフェノール
これら成分が薬用効果あり!として現在でも注目を浴びた事もありましたね。
そんなチョコレートと紅茶との相性・・・

今日は先生からのご提案。
油脂分の高いココアにお砂糖、ミルク、そして生クリームをたっぷりいれるときに、水ではなく、紅茶で作ったら・・・
下記がスィート・オレンジココアティーです。(コアントローが入っています。)
up_IMG_1184.jpg

もし、このレシピで水で作ったら・・・とっても甘い飲み物になると思うのですよ・・・想像する限り・・・
だけど、先生のレシピでのアイスココアはとってもさっぱりしてとっても飲みやすいアイスティーでした。

そして、今日はゴディバのミントスティックチョコレートにあう茶葉を選ぶ?がテーマでした。
他に先生のお薦めのROUTE DU CHOCOLAT のチョコレートです。
私は、ルフナを選びました。ミルクティーにしました。
ストレートだとルフナの独特な香と味がミントチョコレートを苦く感じさせましたが、ミルクティーで頂くと、すっきり感がありました。
でも、もともとチョコレートはミルクが含まれているので、ミルクティーとは相性がよいですよね。
ティーカップも秋らしいものを・・・
かわいいチョコレートが映えるお皿でもよかったかな??
でも、とってもすてき!
          up_IMG_1188.jpg

up_IMG_1189.jpgup_IMG_1187.jpg

[ 2006/10/29 21:42 ] 紅茶 | TB(0) | CM(2)

宮廷を彩る紅茶文化?食と芸術の秋を楽しむ?

2006年10月28日(土)

今日は待ちに待った紅茶にまつわるパーティーです。
紅茶教室に通い始め、紅茶にまつわる様々なことに楽しみを感じ、
その中でもハプスブルグ家にはまった私・・・
ハプスブルグ家はオーストリア・ハンガリーーの二重帝国を築き上げた歴史上有名な王国・帝国です。

そんな宮廷文化を彩る食文化を学ぶ事のできるパーティーが開かれました。
場所は 「Resutaurant K.u.K
このレストランは一生に一度しか受ける事のできない
オーストリア国家公認料理マイスター試験に日本で初めて合格した
   神田真吾シェフのレストランです。 
今年の3月に東京の溜池山王にオープンしたばかり。
up_IMG_1107.jpg


レストランに入るとぱっと目に付くのは立派なシャンデリア?
このシャンデリアはウィーンのロブマイヤーのもの・・・
ロブマイヤーは世界3大ガラスメーカーのひとつ。
ウィーンの楽友協会大ホール・ウィーン国立歌劇場・シェーンブルンン宮殿の宮殿劇場などなど・・・世界的著名建築の中に見られます。
up_IMG_1118.jpg

レストランはビーダーマイヤー様式で作られ、シンプルな中にも重厚感のある落ち着いた雰囲気でした。
店内の様子は参加者の方が写られているので掲載できません。
up_IMG_1127.jpg
          
         up_IMG_1173.jpg


先生から紅茶の日(11月1日)の説明があり、
18世紀から20世紀のテーブルウェアの興味深いレッスンもありました。

【18世紀】
up_IMG_1112.jpg

【19世紀】
up_IMG_1113.jpg

【20世紀】
up_IMG_1116.jpg

18世紀は紅茶もお砂糖もまだまだ高級品であり、お茶そのものを手に入れることが難しかった時代・・・
よって、お道具もそんなに普及はしていなかったのですね?
先生の銀食器の説明でそのことがよ?くわかりました。
20世紀ともなると、アールデコとアールヌーボーが合わさった豪華なデザインになります。
(写真がはっきりしなくてごめんなさい。)

本日の宮廷パーティーのメニューです。
★食前酒 ヌワラエリヤ+グレープフルーツジュースのティーカクテル
  ?ロブマイヤーのシャンパングラス・チューリップ・ロウ?
 先生オリジナルレシピです。
up_IMG_1135.jpg

★オーストリアのオードブル盛り合わせ
(なんとこの中にはなまずのお料理もあるんですよ?)
チロルの生ハムやかぼちゃのテリーヌもおいしかったです。
up_IMG_1139.jpg

★ウィナー カルトフェルズッペ
 スウィートマジョラムの香と共に
up_IMG_1147.jpg

ポテトがたくさん入ったスープです。
マジョラムの香がとっても優しく、おかわりしたい気持ちでした。
★ゲバッケネン フィッシュ
    ?セメル粉で香ばしく揚げた大イワナ?
  ウィーン風サラダを添えて?
up_IMG_1148.jpg

こちらは日本、長野県で採れたイワナだそうです。
いやあ?本当においしかったです。ソースも付け合せのポテトも最高!
★アプフェル・シュトゥリューデル
    ?バニラアイス添え?
up_IMG_1155.jpg

こちらのバニラアイスは本場ウィーンのデメルのレシピそのもののアイスクリームだそうです。
濃厚で甘く、りんごの酸味ととても相性がよかったです。
★ブレンド紅茶 ?クイズです?
最後に出された紅茶は7:3のブレンドティーです。
さあ!どの茶葉???
水色と香からダージリンの7は間違いなし。
飲んだ後にきりっとした渋みを感じるのでこれはウバ・・・
でも、ダージリンのオータムナルまではわからなかったです?
up_IMG_1157.jpg


今日はアウガルテン社の方もいらしていて、ティーカップの説明をして下さいました。
シンプルなデザインが多いのですが、とっても重厚感のある柔らかな優しい気持ちになる磁器です。
欲しいものはたくさんありますが、私にはまだまだって感じです。
up_IMG_1126.jpgup_IMG_1125.jpg

up_IMG_1162.jpgup_IMG_1159.jpg


レストランK.u.Kの隣には、同じくオーストリア国家公認コンディトールマイスターの栢沼実さんのケーキ屋さんがあります。
up_IMG_1106.jpg

帰りに本場のウィーンのケーキを味わってみたいと思い、3つのケーキを買って帰りました。
ハプスブルグ家の食文化の中に出てくるお菓子の名前がいっぱい?
有名なザッハトルテ?
(チョコレートのスポンジにアプリコットジャムをかけ、特別なチョコレートを上がけした独特のケーキ。別売(¥210)の生クリームを添えて。 )
濃厚なチョコレートのお味が生クリームとあいまって本当においしかったです。
up_IMG_1182.jpgup_IMG_1177.jpg
     
           up_IMG_1178.jpg


最後にバラのアレンジをご紹介。
19世紀。まだオアシス(吸水性スポンジで器に入れて花を挿す?花留)がなかった時代は花専用の器に挿す事が慣わしだったようです。
そして、今日はビーダーマイヤー様式のアレンジ。
ラウンドのように見えますが、球状に水平に隙間なく幾重にもストライプ模様を織り成すようなアレンジをビーダーマイヤー様式というそうです。
   up_IMG_1164.jpg


今日は本当に楽しい1日でした。
食事の間にクイズが14問もあったのですが、まだまだ勉強不足です。
フランス革命1789年は2度と忘れないかも・・・
先生!楽しい時間をありがとうございました。
[ 2006/10/28 22:20 ] 紅茶 | TB(0) | CM(6)

秋のお茶会?羽根木公園

2006年10月25日(水)

今日は母主催の秋のお茶会。
もうすでに10年以上続けている恒例のお茶会です。
世田谷区の羽根木公園で開催されました。

日本の茶道ももちろん歴史が深いですよね。
ティーカップの代わりに抹茶茶碗。スウィーツの代わりに和菓子。
それ以外にもお茶にかかわるたくさ?んのもの・・・
その一こまをどうぞ?。

up_IMG_1082.jpg

       up_IMG_1084.jpg

             up_IMG_1078.jpg

?茶の友?と名づけ、今日の為に注文したオリジナル。鶴屋八幡製
up_IMG_1085.jpg

      今日使われたお茶碗のひとつだそうです。
      up_IMG_1097.jpg

私は夕食の後にご相伴。「茶の友」の和菓子もお抹茶もおいしかったです。ごちそうさま。   
up_IMG_1104.jpg

[ 2006/10/25 21:14 ] 生活の彩 | TB(0) | CM(0)