紅茶 茶花色食

花を愛で、色を浴び、美味しい食事と紅茶で心のコミュニケーション

ホーム > カテゴリー - 紅茶

イースターティーパーティー ~紅茶教室~

2017年4月9日(日)

今回の紅茶教室での講座は、初めてのイースターがテーマ!

なんか初めてのことってわくわくしますよね~

    BP1130600.jpg


今年の日本はかなりイースター商戦が盛んのように感じます。
色でいえば、黄色。 動物でいえばうさぎ。 食品でいえば、卵、そしてチョコレート。

BP1130580.jpg


ちょっと意識すると、かなりこれらの商品があふれていますよね~


ところで・・・

イースターって何でしょう~?

復活祭! という言葉は聞いたことがあります。

元々宗教色の強い行事なのでしょうか?
イエスキリストが十字架にかけられてから数日後に復活したとされていることから、キリストの復活を祝うお祭り
と言われています。

しかし、もともとはゲルマン民族が春の到来を祝うお祭りで、「春の女神」=Eostreに由来するものらしいです。

    BP1130586.jpg

そして、イースターというと、シンボルでもあるうさぎと卵。

うさぎは春の女神=Eostreに使えていた動物。子だくさんで古来より繁栄・生命のシンボル。
そして、卵は生命や復活を象徴するもの。
うさぎが卵を女神様に運んできてくれた・・・ということから、イースターのシンボルとしてうさぎと卵が
多く用いられるのですね。

    BP1130623.jpg

サロンにはたくさんの卵やうさぎがいました・・・

    BP1130615.jpg

イースターっていつ?

春分の日の後の最初の満月から数えて最初の日曜日
よって、毎年日付が変わり、最大1か月ぐらいずれるのですね。

2017年は4月16日(日)です。

     BP1130602.jpg


イースターのお祭りで英国で食べられるお菓子。

復活祭の46日前の水曜日から復活祭の前日までの期間のことを「レント」という期間で、
懺悔期間?華やかな生活の自粛期間?

その期間の第4日曜日(復活祭の3週間前)に祝うマザリングデー。
日本でいう母の日にシムネルケーキを食べる習慣があるそうです。

使用人の娘たちが、お屋敷の中で高級な材料で焼いたお菓子を里帰りの時に持って帰る・・・
そんな慣習もあったようです。

このシムネルケーキは上の部分にイエスキリストの十二人の弟子のうち裏切り者のユダを除く十一の弟子を
象徴するお団子のようなものがのっているのが特徴だそうです。
中身は英国です! 干し葡萄!

      BP1130601.jpg


そして、同様にレント期間に食べるホットクロスバン
レーズンパンみたい。 上にアイシングで十字の飾り付けがあるのが特徴。
レント期間なので、乳製品と卵を使うことができないそうですよ~
でも、この日はバターを付けて美味しく頂きました~
りつえ先生手作りです。

BP1130593.jpg

美味しかったです~

BP1130596.jpg

紅茶はニルギリの新茶!
やっぱり新茶は美味しい~

イースターの当日には子供たちは焼いたビスケットを3枚重ねてリボンを結んだものをもらいます。
こちらはえり子様の手作りです。

      BP1130611.jpg

さくさくっと紅茶にはぴったりのビスケット!

現在では、卵型のケースにプチプレゼントを入れたり、チョコレートを入れたりして、プレゼントすることが多いようです。
この日もカラフルな卵を1つずつ選んで、みんなで一斉に開けます。
中にかわいいお人形が入っていたら、先生からティーカップのプレゼントがあったそうです。

しかし、残念ながら、誰も当たりませんでした~

      BP1130588.jpg

がっかり~!

イースターは深く学ぶと宗教的要素が強く、日本人にはなじみのないようなお祭りのようにも思いますが、
元々、ゲルマン民族の春の到来を祝うお祝い!ってなると、
現代のように、色彩もカラフルで、うさぎや卵・・・なんて可愛いものもたくさんあって
明るく、元気になりますね~

かおる先生! 楽しい時間をありがとうございました~
スポンサーサイト
[ 2017/04/09 23:01 ] 紅茶 | トラックバック(-) | コメント(-)

英国貴族の恋したテーブルウェア ~紅茶教室~

2017年3月25日(土)

この日の紅茶教室は、最近では恒例となりました「アンティークシルバー」の講座です。

銀座でアンティークショップを営んでいらっしゃるYumi先生の講義です。

とっても活動的で、「アンティーク商」がとってもお好きなゆえの人との出会いやご縁を
大切にされているYumi先生のお話は、人との出会いとともに、アンティーク品との出会いもあり、
裏話がとっても楽しいです。

今回のテーマはテーブルウェア。
ちなみに・・・

 2016年  ⇒

 2015年  ⇒

下記の写真のシルバーは「イパーン」 Epergne というもの。
サロンでは、お花が活けられていましたが、テーブルの真ん中に個々にデザート、スイーツを入れて
置いておくものだそうです。
好きな時に、食べたい人が食べる・・・
そんなちょっと贅沢なテーブルウェア

  BP1270024.jpg

こちらも又別のタイプ。
お花とスイーツをコラボできるような器・・・イパーン。
上流階級のディナーテーブルには、華やかに置かれているんでしょうね~
映画のシーンでも見られるかもしれませんね・・・


  BP1270021.jpg

写真の手前にあるのは、ティートレーナーやティーキャディ。
こちらは色々な種類があってコレクタブルズアイテムになっているそうです。


ティータイムにきらきらティーポットに目を奪われました~
なんとも華やかなティーポット。 素敵ですよね~
これを今回実際に使わせて頂きました。

BP1270010.jpg

こちらのティーキャディもレアものだそうです。
1770年代ぐらいに、作られ始めたティーキャディー。
初期のものは、茶も高価であったため、小ぶりのものが多いそうです。
写真手前の装飾細工はフィリグリーデザインといわれるもので、
細い糸状のものを何本も作って、こよりのようにねじりながら作り上げるとても手のこんだデザインだそうです。
まじかで見ると、ものすごく細かく綺麗でしたよ~
コレクターやアンティークに詳しい方は「即買い」だそうです。<とてもお高いですが・・・>

BP1260993.jpg

こちらのティーカップもレアもの。
英国貴族には、日本の家紋と同じようにその家、家の紋章があります。
その紋章には家訓やモットーなどが描かれており、調べるとどこの一族のものかが判定できるそうです。
こちらはミントン窯のもので、ロンドンにあるトーマスグッティー(銀座の和光のような高級商店)がゴーヒル一族の為に
オーダーし作られたものだそうです。

 BP1270003.jpg

ティータイムも、もちろんYumi先生のセレクトティーカップで。。。
私は1860年代の英国、リッジウェイのもの。
なんともきらびやかで素敵!
すべてが手書きで、一つ一つに描かれている絵柄が異なります。

BP1270001.jpg

お供のスイーツは和菓子ですが、白蝶貝のナイフとフォークで頂きます。

   BP1260994.jpg

お皿もアンティークのものですね。

毎年、本当に贅沢な時間です。

今年は初めての方も多く、皆さん感激しきり!

BP1270004.jpg

ということで、次の講座もあり、あまり時間がなかったので、誘惑はされず帰宅!

ここにはご紹介できなかった素敵なものがた~くさんありました。
きらきらです。

ミントンのピンクのティーセット・・・
欲しかったな~ 
でも、我が家では活躍の場がないから・・・

またいつの日か・・・

楽しいお話、素敵な作品いや、商品、た~くさんありがとうございました~

[ 2017/03/25 23:20 ] 紅茶 | トラックバック(-) | コメント(-)

世界のティータイム ~紅茶教室~

2017年3月12日(日)

世界のティータイム! という楽しい講座に参加してきました~

私が通っている紅茶教室の碧先生は、実際のその土地を訪れ、それぞれの紅茶事情を
私たちにいち早く教えて下さいます。

今までにどれくらいの国のお話を聞いたでしょう~

この日はその集大成!

先生は2月28日に「紅茶-世界のティータイム-」という本を出版されました。

   BP1260838.jpg

世界にはいろいろなティータイムがあります。

   BP1260880.jpg

ドイツ、英国、フランス、ベルギー、インド、ハンガリー、スリランカ、ロシア、アメリカ、
マレーシア、ポルトガル、オランダ、オーストリア

講座の始まりは、ドイツ!
ヨーロッパの中ではとても「茶」にこだわりのある国。
インドのダージリン・ファーストフラッシュを一番購入する国!
そして、過去のレッスンの中で、私がとっても楽しかった、お気に入りのオストフリーランス
北ドイツでとても寒い地方。
この地方だけの紅茶のティーセットと飲み方。

  BP1260852.jpg

寒い国がゆえに・・・ティーポットは必ず、ティーウォーマーの上に・・・
そして、マグカップには必ず蓋があるそうです。
そして、ティーセットの絵柄はこの写真のものと、ちょっとロイヤルコペンハーゲンの絵柄に似ている、ブルーアンドホワイトの
2種類がほとんどで、紅茶のパッケージや広告にもこの薔薇柄(見えないかもしれませんが・・・薔薇です。)のが描かれています。

飲みかたは、氷砂糖をカップに2粒ほど入れ、そこに紅茶を注ぐ・・
そして、左回りにティーカップの縁にそって生クリームを注ぎます。

なんと、そのためのスプーンもあるのですよ・・

世界にはいろいろなティーバックがあります。
美味し~い! というものばかりではないようですよ。

BP1260840.jpg BP1260839.jpg

ヨーロッパではリーフティーよりティーバックが主流のようです。

英国では、ヴィクトリア朝時代に、バスケットに陶磁器のティーセットを入れ、紅茶やサンドイッチを持って、ガーデンピクニックの
ティータイムを楽しむこともあったのですね~
今は、スターバックスが街にどんどん増え、紅茶事情も変わってきたのかな~

  BP1260878.jpg

トルコのチャイ、モロッコのミントティー、ブラジルのマテ茶(紅茶ではないですが・・・・) 
中国の6色のお茶(緑茶、白茶、黄茶、青茶、紅茶、黒茶)などなど・・・
教室では多くのお茶の世界を体験させて頂いています。(懐かし~)

BP1260873.jpg


そして紅茶の産地、インドやマレーシア、スリランカでは、日本人の私たちがリゾートとして楽しめるところがあります。

紅茶の生産地でもありますので、茶畑も眺められ、紅茶の製造工程も見学ができ、
そしてもちろん、その土地での紅茶も楽しめます。
ヨーロッパでのカフェ文化とはちょっと違った雰囲気ですね。

  BP1260886.jpg

今日のティータイムは、スイーツではなく、カレー
南インドのカレーかな~ ナンと一緒に頂きます。
お供の紅茶はトルコのチャイのグラスに・・・・


  BP1260870.jpg


サロンには、世界の紅茶缶、切手、絵、フィギュアリンなどなど、たくさん飾られていました。

BP1260859.jpg

BP1260856.jpg

とっても楽しかったです。
紅茶がこれからも世界でいろんな形で楽しまれればいいな~

そして、日本では私たちが紅茶を楽しむ時間を持てるよう、少しでも心の余裕がある生活ができればいいですね。

これからも、また、世界の紅茶事情を聞かせてください~
楽しみにしています。

[ 2017/03/12 23:01 ] 紅茶 | トラックバック(-) | コメント(-)

15th Anniversary of Cha Tea ~紅茶教室~

2017年3月5日(日)

私が通っている紅茶教室が15周年を迎え、御祝いのお茶会に参加してきました。

主宰の碧先生からお教室を始めたきっかけのお話から現在に至るまでの様々なお話を伺いました。

碧先生の行動力と機転の素晴らしさ、そして何よりご縁を大切にされ、多くの方々との接点をもち、
それを大きな形として残されていく・・・
まだまだこれからがと~っても楽しみなCha Tea紅茶教室。

私もこんな素晴らしい教室に通えていることに本当に感謝です。

今日は碧先生が15周年を記念してお迎えした英国、コールポートのと~っても貴重なアンティークの
ティーセットでのお茶会。

最近はいつものことだけれど、良い写真は撮れなかった~

BP1260650.jpg

スイーツは英国菓子・・・
ヴィクトリアンサンドイッチ コーヒー&ウォルナッツケーキ エクルーズケーキ

*ヴィクトリアンサンドイッチ
      BP1260638.jpg

*手前がコーヒー&ウォルナッツケーキ 奥の器に入っているのがエクルーズケーキ
      BP1260634.jpg

どれもみ~んな美味しかったです。
コーヒー&ウォルナッツケーキやヴィクトリアンサンドイッチはお教室の卒業生が
お若いのにご自分のお店をオープンさせ、オーダーケーキも扱っており、そちらのケーキでした。
BERRY'S TEA ROOM

コールポートのティーセットはそれはそれは見事で素敵でした。

     BP1260622.jpg

写真がもう少し綺麗に撮れたらよいのにな~

お皿はミントンなのかな~
ピンクのお色が全然違うんです。

     BP1260632.jpg

すべてが手書きなのです。
そして、ティーカップやポット、ミルクピッチャーなどに描かれている風景はすべて違う絵柄

     BP1260649.jpg

ポット使ってみたかったな~
(私のお席はシルバーのポットでした。 こちらも素敵なんですけどね~)

Cha Tea 15周年 本当におめでとうございます。

ますますのご発展・ご活躍をこれからも楽しみにしております。
そして、その中で少しでも多く参加させて頂くことが出来れば幸いです。

[ 2017/03/05 23:47 ] 紅茶 | トラックバック(-) | コメント(-)

明治浪漫 ~雛祭りのお茶会~ 紅茶教室

2017年2月25日(土)

この日の紅茶教室の講座は・・・

明治浪漫 ~雛祭りのお茶会~

雛祭り・・・は女の子のお祭り・・・

ということで、明治時代の素晴らしい女性の歴史を垣間見る・・・
いや、勉強する講座でした。

サロンのドアを開けると・・

     BP1260567.jpg



ま~見事な七段飾り!
愛先生の所蔵品!

お人形のお顔も衣装もと~っても綺麗な状態で保存されています。
なんと、七段で飾るのは何十年ぶりだとか・・・
英国住宅に日本の伝統文化のお雛さま!
素敵です。

佳子先生に一番似ていると・・・
ご本人ご推薦~~~
三人官女のお1人です。

     BP1260572.jpg

昔の人はお嫁入り道具にはお茶のセットも持って行ったのですね~


     BP1260612.jpg


桃の節句・・・
サロンには桃の花や菜の花など春香る和の花々が・・・



     BP1260602_20170301000607dad.jpg


花器もジャポニズム・・・

本来はビアグラスだそうですが・・・
こちらは有田焼き・・・だったかな・・・(ごめんなさい。)
てっせんがとっても素敵でした・・・


     BP1260573.jpg


英国の窯、ロイヤルウースター窯のジャポニズムの作品はほんと芸術品


     BP1260608.jpg


さてさて・・・
サロンに飾ってある素晴らしい数々に目を奪われますが・・・

勉強の方もとっても興味深い、新たなことを学びました。

明治時代を生きた4人の女性

★大浦慶(文政11年(1828年)~明治17年(1884年)
 
 長崎の油問屋に生まれ、実家が大火事で破たんしたときから、自分の力で家を助ける。
 世界に日本のお茶を広めた人。
 九州にも多くの茶産地がありますね。嬉しの茶をメインに日本茶をサンプルにし
 当時のオランダ東インド会社に託す。

 下の写真はその時のサンプルのパッケージ!
 昔ってモダンだったのですね~
 これってとっても、興味深い!

BP1260610.jpg

 大浦慶   NHKの大河ドラマ-龍馬伝にも登場した人物。 多くの有名人の支援をしてきた方だそうです。

★下田歌子(安政元年1854年~昭和11年(1936年)

  岐阜県出身で祖父、父親ともに学識のある人
  父親の仕事の関係で17歳で上京。
  小さいときから和歌に親しみ、上手だったそう・・・
  母親に「男性と対等になるには、偉くなりなさい! そのためには勉強しなさい!」
  そう言われ、勉学に励んだ。
  上京した際に、宮中の女官としてお仕えし、皇后美子さまに認められ、「歌子」の名を賜る。
  英国の女性の教育現状を勉強したく、ヴィクトリア女王との謁見を希望し、女性教育への刺激を受ける。
  様々なうわさもあったが、そのようなことには一切口を開かず、女性教育に力を入れた方です。
  女性を教育する学校を設立・・・なんと、私はこの学校の出身です。

  ヴィクトリア女王と謁見した際は、日本の皇族だけが着るようなお着物で謁見!
  まさにお雛さまのようなお着物。 実際にその際の絵が残っているとか・・・

  写真はイメージです。(右のお雛さまが歌子さん 額縁の中のヴィクトリア女王)
BP1260597.jpg


★クーデンホーフ・光子 (明治年(1874年)~昭和16年(1941年)

  現在の青山通りの名に由来する骨董屋-青山家に生まれる。
  父親が厳しく、女性には教育を受けさせない。
  ある雪の日、家の前に落馬した外国人を助ける。
  そのお方はなんと、オーストリアの大使!
  日本の女性の優しさに惚れた彼は、光子を大使館で働くよう招き、
  恋におち、結婚。
  後継ぎである彼の祖国、オーストリアに移住し、愛する旦那様に若くして先立たれても、
  子供の為に、オーストリアの地で「日本人の誇りを忘れず」生き抜いた女性
  ゲランのみつこ という香水の元になった方・・・

    a href="http://blog-imgs-104.fc2.com/h/a/a/haanirokokoro/BP1260598.jpg" target="_blank">BP1260598.jpg

★村岡花子(明治26年(1893年)~昭和43年(1968年)

   この方は有名ですね~
   代表作「赤毛のアン」の翻訳者 として日本では有名なのです。
   山梨県に生まれ、女学校時代は「英語のお花さん」と呼ばれるほど、英語が得意
   結婚後すぐに授かった長男を6歳で亡くし、何もできない沈んだ日々を過ごす。
   ある1人の女性との出会いにより、1冊の本を読むように勧められ、没頭。   
   自分は本が好きで、その本に励まし続けられたことを思い出し、世界の本を紹介する翻訳家に・・・
   カナダの友人に託された「赤毛のアン」の翻訳。
   思いを紡ぎ、13年かけて出版されたこの本は、今でも多くの方に読まれていますね。

BP1260591.jpg

 
さてさて、本日のティータイム

和の世界でした~
有田焼 今右衛門13代の作品のティーカップ!
日本の磁器も素晴らしい!

お菓子のねりきりは春らしいお花
シンプルで私は好きです。
そして、時には芸術品!

        BP1260593.jpg


ひなあられ・・・と思いきや、ポップコーン! ロブマイヤーのグラスが可愛い~
そしてアンティークシルバーのティーキャディーですくうなんて、なんと贅沢

      BP1260586.jpg


和菓子をフォークで!

そのフォークもアンティーク! 白蝶貝の上品なもの・・・
箸置きならぬ、フォーク置きは日本のもの・・・
西洋と東洋のコラボ・・・・・


BP1260578.jpg

贅沢な時間です。

立派な雛飾りを拝見し、立派な女性の生き方を学び、立派な茶道具でティータイム。

愛先生!
碧先生!

ありがとうございました~

[ 2017/02/25 23:13 ] 紅茶 | トラックバック(-) | コメント(-)